恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると

1日の外国為替取引量が約508兆円で、これは貿易量の金額ベースの約100倍に匹敵するって話ですが、有名な話なので、ご存知な方も多いかと思います。
この数字を初めて目にする方もいらっしゃるかもしれませんので、何が言いたいのかを申し上げますと、世界の貿易には為替が必要なわけで、ものの見事に実体経済であると言えます。
必要な分だけの取引をし取引量などに応じて、為替レートが決まると言うのは需要と供給に基づいた取引となるのでしょう。
しかし、その金額の約100倍の金額が世界の為替取引市場で取引されている実態。実体経済はそこにはなく、為替差金などを目的とした投資・投機の場と化しているということ。

法律に基づいているわけで、決して悪いことではないものの、おかしな話になっているように思いませんが?実体経済が金融経済に支配されている構図は。
関係ないとは言えないでしょう。取引量が100倍ならば、絶対的に支配しているのは実態のない金融経済であり、金融経済の動向に実体経済が動かされているのでしょう。
どう考えても小さい数が大きい数を動かすとは考えにくいし、これまでの形を振り返ってみれば、金融経済がクラッシュすれば実体経済もクラッシュしますが、金融経済が立ち直っても実体経済は簡単に立ち直れず。
リーマン・ショックの時を思い出せば納得行くのではないでしょうか?

何も金融経済が悪いと言っているわけではありません。もちろん、これ以上の金融経済の発展はよろしくないと思いますが、個人的には、食わず嫌いをするのではなく、とりあえずどんな味なのか?と試してみる必要があるのではないかと。

どんなに頑張っても金融経済がなくなることはありません。成長が止まることもあまり考えられません。実体経済にだけしがみつくのではなく、金融経済の仕組みを知り、金融経済を活用することが、現代を生き抜く術となるのではないでしょうか?
環境の変化に対応できないと、恐竜と同じことになってしまうと思われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

英国のEU離脱は、進むも地獄、退くも地獄!?
貯蓄・ダイエットに成功する「術」はこれだけ!
株式市場はバブルなのか?
「支持政党なし」って政党名、違法ではないが一部不適切なのでは?
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
何もしないことが「リスク」である
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
購入?レンタル?
「嫁さんもパートに出て頑張ると言っていますから、たぶん平気だと思います」って言葉にご用心
正当化される目的がないと、ジャック・バウアーだってただの殺人鬼
青森県で高卒で就職すると、65歳で住宅ローンを完済し、世帯貯蓄が2464万円となる件
リスク回避の一つの方法は?
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析

Menu

HOME

TOP