年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。

「どうせ払ったって、自分たちが貰えるわけがないんだから、払いたくない!」
何の話かといえば、若い世代の方からの年金の話。
これだけ「年金が危ない!」と言われていたり、訳の分からない不祥事を起こしていたりすれば、現時点で「年金は貰える」という約束手形があっても、信用などできやしない。
「無い袖は振れない」とケツをまくられたらお終いだから……
そんな気持は良くわかるし、年金が必ず受給できるという保証もないので、安易に大丈夫などとは言えないけれども、年金は皆年金だから支払っておいたほうがいいよとは思う次第。

そもそも公的年金は積立ではないから、自分が支払った分だけ自分が受け取る仕組みじゃない。
現役世代の人たちに、引退した方々が養ってもらう制度。
現役世代からすれば、自分のおじいちゃんやおばぁちゃんに、お小遣いを上げているようなモノ。
まぁ、一種の寄付なのかもしれない。

老後

寄付とはいえども嫌なところに寄付などしたくないですからね。
自分の考え方と似ているところに寄付はしたい。

でも、年金制度が崩れたら、生活保護が増えるだけ。
生活保護が増えれば、これまで以上に持っていかれるだけになります。

例えば、年金制度が崩壊したとしたときのことを考えてみると、まず、日本経済がにっちもさっちも行かない状態だということが考えられます。
年金制度だけをやめろ!ということになるかどうか?まず無理だと思います。
年金制度は続きますよ、永久的に。
だって、共済年金が厚生年金に入ってきましたから、年金制度の崩壊となれば、公務員の年金がなくなることになるわけで、これは起きないでしょ?

金額が減ったり、支給開始年齢が引き上げられたりはあるかと思うけど、年金制度自体はなくならないと思う。
破綻寸前のはちゃめちゃな共済年金制度を厚生年金に救わせたわけで、これは何も公務員が悪いわけではなく、制度そものものがおかしかったのだから仕方がない。

年金制度はなくならないと思うので、支払っておいたほうがいいと思うし、自分の老後資金が心配ならば、自分で運用するしか無いと思う。

個人型確定拠出年金が近年注目を浴びているようですが、これもひとつの方法。
保険会社の個人年金だっていいだろうし、自分でコツコツ貯蓄をしているだけでも十分。
「年金」という名目の商品を購入していると、様々なメリットがあるから、デメリットと相殺してもメリットがあると思えば「年金」と言う名目商品で運用し、メリットが感じられないのならば、他の運用でもいいわけ。
お金に違いはなしに、お金に勝手に名前をつけているのは、各個人なのだから。

長いものには巻かれろってことだけではないですが、国が定めたことには逆らわないほうが必要以上にリスクを背負わずに済む。
そして、できる範囲で「自分の身は自分で守る」ということを真剣に考えなければならないということなのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

フランク三浦が勝ってしまった!!
景気は可処分所得がモノを言う!?
失言も 暴言も己に 跳ね返る
ボジョレヌーボー解禁!今年のキャッチコピーも……
運用リスクの軽減に「72」を活用!
年金運用が大失敗だって、ホント?
詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
催促相場なんて無視してみたら?
国民皆年金と年金保険は、どちらがお得?
地球の温暖化には懐疑的ですが、排ガスは規制したほうが良いのでは?という件
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
日本国債が暴落し、日本が破綻する日
キングコング西野作『えんとつ町のプペル』は作品としてホロッときます。
そもそもマイナス金利よりも前の段階が問題じゃない?
「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

Menu

HOME

TOP