平均寿命が80歳オーバーと言っても、平均余命は?

日本の平均寿命は高く80歳越えになっているようです。

平均寿命と言うのは0歳時の平均余命。

厚生省発表の平均余命を見てみると……

 

平均余命

平成27年発表で0歳男性が80.50歳で、0歳女性が86.83歳。

ちなみに50歳男性の平均余命が32.18歳で、50歳女性の平均余命が37.74歳。

50歳に32.18歳を足せば82.18歳となり、「0歳時よりも平均寿命が長い!」と言うのは早計すぎる話。

 

現在50歳の方の平均余命が32.18歳ですから、それまでに亡くなられている同世代の方がいるわけで、それだけ平均余命が長くなって当然。

 

90歳男性の平均余命が4.35歳で90歳女性の平均余命が5.66歳。
既に平均を越えているのですから、何処まで生きても不思議ではないのでしょう。

 

 

平均寿命年次推移

平均寿命の年次推移も出ていましたから眺めてみると、昭和22年男性が50.06歳。単純に30年伸びている計算になります。

 

ちなみに昭和40年生まれの男性の平均寿命が67.74歳。

昭和40年といえば1965年であり今年50歳。

50歳の方の平均余命が32.18歳ですから、現在50歳の方の平均余命は、産まれた時と比べると15年ほど伸びていることになるのでしょう。

 

 

さて、問題は老後です。

嫌でもやってくる老後。

平均余命を照らし合わせて考えれば、だいたい80歳くらいまでは生きることが可能なのでしょう。

そうなれば80歳まで生活できる資金の確保が必要なのでしょう。

 

そして、ただ生きているだけでなく、健康であったほうが良い。

健康に生きていられる余命と、平均余命とは別。

なるべく健康で最期を迎えられるようにしたいものです。

 

1:老後資金の確保

2:健康余命のための体づくり

 

年金が危うい時代ですし、一寸先が読めない時代。

現役時代から常に考えておきたい課題のようです。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

住宅ローン、もう一度ここを考えて
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
「106万円の壁」に挑戦!
ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件
日本国債が暴落し、日本が破綻する日
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?
お坊さんが喰えない時代になっても……忘れたくないモノ
消費税10%にはならない!?
白タクの便利なところを頂戴しちゃいなよ!
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
あなたも「東北で良かった」と思っていませんか。
住宅ローンの金利が引き上げは、必然!?
消費税10%へ、非常に良い策だけど……どうなんでしょう?

Menu

HOME

TOP