常識を捨てよう!ただし、他人に迷惑をかけないように……

自分にとっての常識などというモノは自分の中でしか通用しないのであって、周りから見れば非常識だと言うことも多々あるわけです。
常識だという訳のわからない言葉に惑わされて無理して生活をする必要もなく、自分の思うように行動すればいいと思うのです。
「そんなの常識!」と連呼する人をなかなか信用できない自分がここにいます(笑)
が、自分の思うように行動するということは、それだけの責任が生じるわけで、自分の思うように行動することで他人に迷惑をかけてはいけないということがあると考えています。自分の好き勝手のために、他人さまにご迷惑をかけると言うことは避けたほうが良いのではないか?と思っているわけで、他人に迷惑をかけてまで押し通そうとする自分の中での常識ってどうなのでしょう?

彼氏と一緒に入った喫茶店で「何も注文しません」「水ください」…迷惑客の法的問題(出処 Yahooニュース 法律ドットコム

法的には何ら問題がないそうですので、飲食店に入って何も注文しないと言うことはありのようです。
チャージ料というのはこういうことがあるからあるのでしょうね。

ただ、このチャージ料ですが、バーなどならば、ナッツだとかチョコだとか選ばせてくれるところがあるので助かるのですが、困るのが居酒屋。
訳の分からない作り置きのお通しを出されるとき。食べられる好きなモノなら良いのですが、食べたくもないモノを出されてお通し代と言われて料金を取られるのならば、席代として取られたほうが気持ちがいい。その前に席代を取る居酒屋に行くかどうかは別ですが……
「選ばせてくれ!」という切なる願いがあります。それと「お通しを出さなくても、その分ちゃんと注文するから」とお願いをしたくなります。
まぁ、願いは願いであって、言いもしませんけどね。二度目がないだけ。

 

こんな居酒屋の話がしたいわけではありません。曲がりなりにもFPを生業としておりますから、FPの中での常識ってやつのお話です。

真面目な方ほど「常識」と言うモノに因われているようで、この常識という概念が非常に厄介なのです。
まず、年収が400万円の方と年収1200万円の方で、同じ土俵のライフプランが描けますか?ということです。
そして、独身の方と家族4人の方と同じライフプランで大丈夫なのでしょうか?

ご相談に来られる方は、真面目な方が多いのは言うまでもありません。真面目でなければライフプランなんて考えませんから。考えないことが悪いのではなく、真面目な方ほど真剣に現状と向き合っているということです。
すると、この真面目な方は事前知識として、さまざま媒体からいろいろな情報を得てきて、最終的に確認のためにご相談という方も多いのが現実。

全く悪いことじゃないし、すごく真面目で良いことだと思いますが、この真面目さが時として厄介なことになるわけです。
得てきた情報が「いいとこ取り」の傾向があったり、逆に「最悪の状況」であったりするのです。
極端なんですよね。
よーく考えてみれば分かると思いますが、何かの媒体から発せられる情報というのは、「極端」でなければ受け入れてもらえません。
平々凡々の状態から極端なケースを引っ張り出して発するのですから、平々凡々の状態では当てはまるので、全て自分に当てはまってしまうと錯覚してしまう。

まずは、常識的な感覚を捨て、自分の現状と向き合うことから始めませんか?
無い物ねだりをしても苦しくなりますし、必要以上に怖がっていては何も出来やしません。
自分自身のことですから他人に迷惑などかかりやしません。常識を捨てて自分自身を知って、楽しいライフプランを!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

健康診断は適切な診断を受けておいたほうが良いという件
黄色い財布を持つと、お金持ちになれるって話……
自分には甘いのが人という動物なのでは?
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
住宅ローン、もう一度ここを考えて
2011年03月11日14時46分18秒から5年です
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
貯蓄増!? スマホ見直し 苦労増……
安心か? 地獄の始まり? リボ払い
憲法改正は国会で決まるの?
人生いろいろ、十人十色
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し

Menu

HOME

TOP