市場にナメられている日銀の金融政策

 

日銀の金融政策決定会合が終了すると円高になる傾向があり、どんな緩和策を打ち出しても市場にナメられているようです。

「黒田バズーカ」は今や昔 追加緩和あってもなくても結局は円高で、日銀の政策運営 信認が失われたのか【出処 産経新聞】

ナメられっ放しって感じです。何をしても円高に動いてしまうのですから、どうしようもないのでしょう。
しかし、「どうしようもない」と諦めていたのでは情けない話。
天下の日銀も今や昔なのでしょうか?

ただね、マーケットから日銀の態度を眺めていると、日銀の政策って市場に迎合しようと必死に映るのです。
何が何でも市場に嫌われないように、そして、円安になってくれるよう願うような政策。
強いリーダーシップが無ければ、ある意味「独裁的」でなければ、ナメられてしまうって話になります。

完全に無視しろって話ではありませんが、「脅し」をかけるくらいのことをしてもいいのでは?
市場に対してメッセージを送るのではなく、市場に対して脅しをかける。
逆らうポジションを取った連中は、見せしめ的なことをしちゃってもいいのでは?
もちろん、ルールの範囲内でやらなければなりませんが、ルールの範囲内で見せしめを作り出すようなことは簡単にできるはず。
資金量が違うのですから、その気になれば簡単にできますから。

為替週足

もちろん、ルールの変更をしてしまっても良いわけです。
ルールなんてモノは胴元が握っているのですから、胴元が有利な展開に持っていけばいいだけの話。ちょっと市場のご機嫌を伺い過ぎ。

今の日銀を始めとする世界の中央銀行は市場におもねり過ぎ。
人のことは言えませんが、子どもに媚を売って機嫌を損ねないようにしているダメ親と一緒。
これでは調子に乗ってしまいますよねぇ。

ただ、テクニカルから判断をすると、そろそろ円安へのトレンドに入ってもおかしくないんですよね。
無理に何かをしようとせずに、タイミングを持つのも手なんですけどね。
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

無知は罪なり……無知が死亡事故を起こしてしまう可能性あり!
小池都知事vs石原元都知事 非合理的であっても、トコトンやりあうべき理由
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
黄色い財布を持つと、お金持ちになれるって話……
潰さない 潰れちゃうから 潰せない
「必要な物資を早く届けられるのであれば民間も自治体も関係ない」
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
NYダウは1回天井?
投資した 気付かぬ内に 凍死した
小市民として、ATM手数料を払わないわずかながらの抵抗!
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?
黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
現役出向という抜け道があったとは……世の中って広い!(笑)
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件

Menu

HOME

TOP