差別はいけないけど、人間、みな平等じゃないよ

「差別はいけない、差別はいけないと」、事ある毎に大声で叫んでいるようですが、いつまで続くんでしょうかね?
5年後、10年後も今と同じテンションで「差別はいけない、差別はいけない」と叫んでいるのでしょうか?

「差別はいけない」と知っている人は、そんなことを言われずとも差別などしていないでしょうし、差別をしなければ自分の価値を見いだせない人に向かって「差別はいけない」と無理に価値観を押し付ければ、それ自体が差別なんじゃないですかね?

周りの風潮に流されて「差別はいけない、差別はいけない」と叫んでいる方って、叫ぶことによって何らかの価値観を得ているのでしょうから、それはそれで良いと思うけど、怖いのは「周りの風潮に流されて」という部分。
哲学者でもなければ、人権派の人間でもないので、偉そうなことを言うつもりも考えているわけでもなく、自分の顧客がへんちくりんな思考に固まっていて欲しくないだけ。

「平均」だとか「人並み」だとか「常識」だとかって危険な気がしてならない。
発表されている平均だとか人並みだとか常識に、対応できるだけの背景があれば良いのでしょうが、背景がない状況で平均だとか人並みだとか常識を求めても虚しいだけ。

追い求めて努力することに対して応援や手助けはできても、過程をすっ飛ばして結果だけを求められても、無茶だってこと。
100mを12秒で走りたいと言われ、現状の体力等を踏まえて検証しても無理だってこと。
まずは、100mを全力で走れる体力を作り、努力をしなければ無理だってこと。
100mを12秒で走ることを目標にすることが無理なのではなく、過程をすっ飛ばして結果を求めることが無理だってこと。
無理をすれば怪我をしてしまう結果が待っているのでは?

努力をしたところで、全員が結果を出せるわけではなく、結果が出ないことも多々あるわけ。
なのに、結果だけを過程をすっ飛ばして求められても、お手上げだってこと。

人の人生を羨んでいても、自分の生活が自分の求めるモノに近づくわけではありません。
自分の人生は自分だけのモノであり、自分の背景でだいたい決まってくるわけです。
そこに努力をプラスすれば、もう一段上の人生を歩める可能性があるわけで、努力をしなければ、努力をしたときより自分が求める上の人生を歩める可能性が小さくなるだけ。

差別はいけないし、みんな平等なら良いんですが、みんなが平等になることは幻想に近いことだと把握し、そして人それぞれに価値観が違うことを認め、自分らしい人生を作り上げることが、幸せになるってこと何じゃないですかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本当に節約?それって無駄じゃない???
待機児童解消に役立たないですかね?
貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
老後資金には5000万円が必要?まずは、自分で確認してみれば?
「~しなければならない」と考えるよりも……
政府が国民に無駄な浪費をさせる政策を打ち出せば、全てが丸く収まる!
給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
何もしないことが「リスク」である
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
「常識」や「平均値」をライフプランに求めて、あなたは「常識人」や「平均的な人」になりたいのですか?
生涯未婚率から考える、老後の生活
通信費は真剣に考える事案となりつつある
それぞれの立場を考えて相談すべし
老後資金を心配する前に

Menu

HOME

TOP