崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

どうなのかな?と考えなければならないような形になってきたのが、日経平均株価の日足。
首吊り線を崩壊し、「まだ上昇するぞ!」と強い意志表示をみせたものの、マーケットには警戒感が根強くあるのか?
すぐさま「あれれ?」な形を作り出してきてしまっているのだから、要注意から要警戒へ進んでしまっているのかも?

2017/10/25のチャート
寄付21900.13円 高値21921.36円 安値21648.35円 終値21707.62円

このローソク足が曲者。
「まがりもの」ではなく「くせもの」。

前日の陽線を上からかぶせてきてしまっているだけに、チャートの形としては要警戒。
いたずらにかぶせているわけではなく、相対力指数が89.42を前日に付けてからかぶせてきているのだから、それなりの配慮が必要なのでしょう。

今回も上に抜ければそれまでの形。
首吊り線は形だけは作っても完成をさせたわけではないから、仮にこのかぶせてきた形が崩されても騙しの1回目。

トレンド的には右肩上がりの上昇トレンドに違いはないのだから、高値を更新してきたときには、素直に「ごめんなさい」とすることが必要でしょう。

2017/10/27の終値が21709.30円で終了してきたときには、週足の観点から「おいおい、日経平均株価よ、大丈夫か?」と言いたくなることを付け加えておきたいと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「神の見えざる手」には逆らえない!?と言うことを理解したい
FRB議長「ビットコインは極めて投機的資産」
住宅ローンでは、買ったあとのことを考えることが重要
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
他人様はあなたに興味がない!
ドル高円安の流れはいつまで続く?
15連続続伸の日経平均株価のチャートに怪しい形が出現
NYダウが史上初の20000ドル乗せ!アベノミクスに似てないですか?
noimage
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?
自公民圧勝で買われるドルと日経平均株価。怖い時代へ本格突入か?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
景気を良くする方法を考えてみた!

Menu

HOME

TOP