崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

どうなのかな?と考えなければならないような形になってきたのが、日経平均株価の日足。
首吊り線を崩壊し、「まだ上昇するぞ!」と強い意志表示をみせたものの、マーケットには警戒感が根強くあるのか?
すぐさま「あれれ?」な形を作り出してきてしまっているのだから、要注意から要警戒へ進んでしまっているのかも?

2017/10/25のチャート
寄付21900.13円 高値21921.36円 安値21648.35円 終値21707.62円

このローソク足が曲者。
「まがりもの」ではなく「くせもの」。

前日の陽線を上からかぶせてきてしまっているだけに、チャートの形としては要警戒。
いたずらにかぶせているわけではなく、相対力指数が89.42を前日に付けてからかぶせてきているのだから、それなりの配慮が必要なのでしょう。

今回も上に抜ければそれまでの形。
首吊り線は形だけは作っても完成をさせたわけではないから、仮にこのかぶせてきた形が崩されても騙しの1回目。

トレンド的には右肩上がりの上昇トレンドに違いはないのだから、高値を更新してきたときには、素直に「ごめんなさい」とすることが必要でしょう。

2017/10/27の終値が21709.30円で終了してきたときには、週足の観点から「おいおい、日経平均株価よ、大丈夫か?」と言いたくなることを付け加えておきたいと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

株式市場はバブルなのか?
「支持政党なし」って政党名、違法ではないが一部不適切なのでは?
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?
ビットコイン30%の急落も、週足で見れば良い押しか?
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
景気を良くする方法を考えてみた!
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
仮想通貨が暴落!売りが売りを呼ぶ展開
東芝も大き過ぎて潰せない?東証はどうするんだろう???
市場にナメられている日銀の金融政策
英国のEU離脱は、進むも地獄、退くも地獄!?

Menu

HOME

TOP