崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

どうなのかな?と考えなければならないような形になってきたのが、日経平均株価の日足。
首吊り線を崩壊し、「まだ上昇するぞ!」と強い意志表示をみせたものの、マーケットには警戒感が根強くあるのか?
すぐさま「あれれ?」な形を作り出してきてしまっているのだから、要注意から要警戒へ進んでしまっているのかも?

2017/10/25のチャート
寄付21900.13円 高値21921.36円 安値21648.35円 終値21707.62円

このローソク足が曲者。
「まがりもの」ではなく「くせもの」。

前日の陽線を上からかぶせてきてしまっているだけに、チャートの形としては要警戒。
いたずらにかぶせているわけではなく、相対力指数が89.42を前日に付けてからかぶせてきているのだから、それなりの配慮が必要なのでしょう。

今回も上に抜ければそれまでの形。
首吊り線は形だけは作っても完成をさせたわけではないから、仮にこのかぶせてきた形が崩されても騙しの1回目。

トレンド的には右肩上がりの上昇トレンドに違いはないのだから、高値を更新してきたときには、素直に「ごめんなさい」とすることが必要でしょう。

2017/10/27の終値が21709.30円で終了してきたときには、週足の観点から「おいおい、日経平均株価よ、大丈夫か?」と言いたくなることを付け加えておきたいと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

無料の情報は、価値が無いから無料なのです
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
やはり住宅は無理して買うようなモノではなく、無理して買うような時期でもない?
別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
住宅ローンでは、買ったあとのことを考えることが重要
何もしないことが「リスク」である
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
トランプ相場という言葉に踊らされ続ける?
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
蓮舫議員が日経平均株価を押し上げ、稲田議員が日経平均株価を行って来いとさせた?

Menu

HOME

TOP