崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

どうなのかな?と考えなければならないような形になってきたのが、日経平均株価の日足。
首吊り線を崩壊し、「まだ上昇するぞ!」と強い意志表示をみせたものの、マーケットには警戒感が根強くあるのか?
すぐさま「あれれ?」な形を作り出してきてしまっているのだから、要注意から要警戒へ進んでしまっているのかも?

2017/10/25のチャート
寄付21900.13円 高値21921.36円 安値21648.35円 終値21707.62円

このローソク足が曲者。
「まがりもの」ではなく「くせもの」。

前日の陽線を上からかぶせてきてしまっているだけに、チャートの形としては要警戒。
いたずらにかぶせているわけではなく、相対力指数が89.42を前日に付けてからかぶせてきているのだから、それなりの配慮が必要なのでしょう。

今回も上に抜ければそれまでの形。
首吊り線は形だけは作っても完成をさせたわけではないから、仮にこのかぶせてきた形が崩されても騙しの1回目。

トレンド的には右肩上がりの上昇トレンドに違いはないのだから、高値を更新してきたときには、素直に「ごめんなさい」とすることが必要でしょう。

2017/10/27の終値が21709.30円で終了してきたときには、週足の観点から「おいおい、日経平均株価よ、大丈夫か?」と言いたくなることを付け加えておきたいと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

コインチェックからの不正送金で学べること
メインにはなれない、セカンドオピニオン
守る100万円と攻める100万円
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
先々を見ようとするから難しい
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
トランプ相場という言葉に踊らされ続ける?
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
運用は損をするのも、利益を出すのも個人の自由であって、「良い」とか「悪い」とかの世界の話ではない
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件
日経平均暴落!調整は何処まで?
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!

Menu

HOME

TOP