崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

どうなのかな?と考えなければならないような形になってきたのが、日経平均株価の日足。
首吊り線を崩壊し、「まだ上昇するぞ!」と強い意志表示をみせたものの、マーケットには警戒感が根強くあるのか?
すぐさま「あれれ?」な形を作り出してきてしまっているのだから、要注意から要警戒へ進んでしまっているのかも?

2017/10/25のチャート
寄付21900.13円 高値21921.36円 安値21648.35円 終値21707.62円

このローソク足が曲者。
「まがりもの」ではなく「くせもの」。

前日の陽線を上からかぶせてきてしまっているだけに、チャートの形としては要警戒。
いたずらにかぶせているわけではなく、相対力指数が89.42を前日に付けてからかぶせてきているのだから、それなりの配慮が必要なのでしょう。

今回も上に抜ければそれまでの形。
首吊り線は形だけは作っても完成をさせたわけではないから、仮にこのかぶせてきた形が崩されても騙しの1回目。

トレンド的には右肩上がりの上昇トレンドに違いはないのだから、高値を更新してきたときには、素直に「ごめんなさい」とすることが必要でしょう。

2017/10/27の終値が21709.30円で終了してきたときには、週足の観点から「おいおい、日経平均株価よ、大丈夫か?」と言いたくなることを付け加えておきたいと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!
日経平均株価が大興奮状態になるときには、こんな共通点があった!
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
よく見りゃNYダウはすごいチャートの形に!
これだけの効果が考えられるのだから、ポケモンGOを国策として推奨しよう!(笑)
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
ドル高円安の流れはいつまで続く?
世界経済の不透明感、世界株安の原因は?
25年10カ月ぶりの高値と言いますが……
日経平均は11/15がポイント!?
三菱東京UFJ銀行の仮想通貨は、メリットが存在するのか?

Menu

HOME

TOP