富裕層にはお金を使ってもらうしかないです

びっくりするような話がネットに流れていて、今回はそれをちょっと。

<紙の雑誌>ターゲットは富裕層、ゆとりのある大人

雑誌の話なのですが、ターゲットを富裕層にあて、1冊200万円超えの雑誌を3冊出したと。

雑誌の紙が金で出来ているとかではなく、付録が凄い!

第1弾の「付録」はイタリアの高級ブランド、グッチのバッグで「貸し切りの店内でシャンパンを飲みながら、人気スタイリストのアドバイスのもと、革の色や金具を選べる」権利が付いて200万円(税抜き)だ。第2弾は英国ブランドのダイヤの指輪、第3弾はスイスブランドの腕時計を好みでカスタマイズでき、それぞれ300万円超。

 

「へぇ~、デパートの100万円福袋と同じようなものか?」と、読み進んだわけですが、この3冊の雑誌に合計850名程度の応募があったと。

 

確実に富裕層がいることは自覚していますが、雑誌の付録に200万円も300万円も出せるって凄い!

お金持ちの女性の心理をガッチリと掴んだ付録だってことなんでしょう。

 

ダイヤ

しかも雑誌だって言うのが凄い。
雑誌の特集とかだと、電車の中吊り広告に掲載されるって特典もあるでしょうから、企業側としても、単体で雑誌と組んだ企画であっても、宣伝効果は広がるのでしょう。

そして、インターネット。
私のようにこうやって飛びつく人間がいるから、面白いような宣伝効果が生まれてくるのかも?

 

女性月刊誌「プレシャス」という雑誌自体知りませんでしたが、、これで2日間くらいは「プレシャス」って雑誌を覚えている(笑)

 

こういう形で雑誌が出てくるとなれば、富裕層と貧困層の二極化が進んでいることを実感。

あんまり好きな言葉ではありませんが、富裕層の方々には、いっぱいお金を使ってもらって日本経済に貢献してもらいたいものですね!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

東日本大震災以来のインパクト
あなたの白票が日本の未来を変える!
二者択一だけでもいいんだけど、それって不幸じゃないですかね?
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。
常識だとか普通だとかで幸せになれますか?
トランプ米大統領が生み出す産物
宝くじ2000枚を寄付するって……
白タクの便利なところを頂戴しちゃいなよ!
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
日経平均株価の注目点
内定を早く出すメリットは?
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件

Menu

HOME

TOP