富裕層にはお金を使ってもらうしかないです

びっくりするような話がネットに流れていて、今回はそれをちょっと。

<紙の雑誌>ターゲットは富裕層、ゆとりのある大人

雑誌の話なのですが、ターゲットを富裕層にあて、1冊200万円超えの雑誌を3冊出したと。

雑誌の紙が金で出来ているとかではなく、付録が凄い!

第1弾の「付録」はイタリアの高級ブランド、グッチのバッグで「貸し切りの店内でシャンパンを飲みながら、人気スタイリストのアドバイスのもと、革の色や金具を選べる」権利が付いて200万円(税抜き)だ。第2弾は英国ブランドのダイヤの指輪、第3弾はスイスブランドの腕時計を好みでカスタマイズでき、それぞれ300万円超。

 

「へぇ~、デパートの100万円福袋と同じようなものか?」と、読み進んだわけですが、この3冊の雑誌に合計850名程度の応募があったと。

 

確実に富裕層がいることは自覚していますが、雑誌の付録に200万円も300万円も出せるって凄い!

お金持ちの女性の心理をガッチリと掴んだ付録だってことなんでしょう。

 

ダイヤ

しかも雑誌だって言うのが凄い。
雑誌の特集とかだと、電車の中吊り広告に掲載されるって特典もあるでしょうから、企業側としても、単体で雑誌と組んだ企画であっても、宣伝効果は広がるのでしょう。

そして、インターネット。
私のようにこうやって飛びつく人間がいるから、面白いような宣伝効果が生まれてくるのかも?

 

女性月刊誌「プレシャス」という雑誌自体知りませんでしたが、、これで2日間くらいは「プレシャス」って雑誌を覚えている(笑)

 

こういう形で雑誌が出てくるとなれば、富裕層と貧困層の二極化が進んでいることを実感。

あんまり好きな言葉ではありませんが、富裕層の方々には、いっぱいお金を使ってもらって日本経済に貢献してもらいたいものですね!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
青森県で高卒で就職すると、65歳で住宅ローンを完済し、世帯貯蓄が2464万円となる件
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
マイナス金利に救世主が現れる!?
投票率は大きく伸びず、与党は2/3の議席を確保したけど、選挙資金規正法はどうなるの?
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?
ドル高円安になるためには●●●●待ち
老後資金を心配する前に
警察や検察から漏れ伝わる情報は何故なの?
モトから叩いて改善しましょ!
ミサイルを発射し続ける北朝鮮からスーパーノートまで考えても……
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
トランプ氏の米大統領が現実味を帯びてきた?
ホッピーを呑まないの?ならば、下町ハイボールは如何?

Menu

HOME

TOP