家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法

貯金というのはなかなか出来ないもので、私のところにご相談に来られる方の7割程度の方が、「うまく貯金ができません」ってワードが絡んできます。
価値観が入ってくるので、求める貯蓄額によっても満足度が変わるし、貯蓄をしていても貯蓄ができていないと思っている方々もいらっしゃいます。

先日も貯蓄ができているのに貯蓄ができないと言う方がいらっしゃいました。
「貯蓄はできているじゃないですか」
「これで良いんですか?」
「お金を貯めているのですから、貯蓄ですよ」
「だって、こんな金額ですよ?もっと貯蓄しないと……」

もっと貯蓄をしたいのならば、貯蓄額を増やせばよいので簡単。
貯蓄の出来ない方々とは、貯蓄を始めても挫折をしてしまう方々。
継続的に貯蓄ができているのならば、金額の大小など関係なく立派な貯蓄。

そして、実感することなのですが、「継続的に貯蓄をするのならば、この方法が一番手っ取り早いんだろうな」というモノが存在します。

貯金箱

たいていの貯蓄ができている方々の場合、「積立定期預金」を利用し、勝手に積み立てられている状態。
毎月3000円でも5000円でも口座から引き出され、勝手に貯蓄。
3000円×12ヶ月=36000円 5年積み立てられれば36000円×5年=180000円
5000円ならばもっと増えます、当然ですが……
5000円×12ヶ月=60000円 60000円×5年=300000円

マイナス金利が導入されている時代ですから、金利などほとんどありませんが、知らないうちに30万円でも貯まっていれば結構大きいのでは?

たぶん、現在お使いの銀行口座で簡単に申し込みができるはずです。
試しに1000円からでも始めてみては?(銀行によって積立最低金額は違います)

不思議なもので江戸っ子でもないのに「宵越しの銭は持たない」という風情があります。
「宵越しの銭は持たない」のではなく「持てない」と言うのが実際のところ。
あればあるだけ使ってしまうのが貯蓄のできない方々に見られる傾向のようですから、勝手に口座から積立に回してくれるシステムを利用することが便利。

新しい銀行口座を作る必要はありません。
今使っている口座でないと、お金を移す手間が面倒で直ぐにやめてしまいます。
現在頻繁に利用している銀行口座で「積立定期預金」
あとは、家計簿など必要なくこれまでと同じ生活をしているだけで、5年後10年後には、ある程度の貯蓄ができています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
都知事報酬半分の小池百合子新都知事の意図するところは?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
これだけ株価が下がれば、年金積立金管理運用独立行政法人の成績だってよくないでしょう。
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
現時点でアウト・セーフは将来的にアウト?セーフ?
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ

Menu

HOME

TOP