家は買うモノ?借りるモノ?

家は買ったほうがお得か?それとも借りたほうがお得か?というのは、永遠のテーマ何でしょうけど、買いたければ買えばいいし、借りたければ借りればいいんですよ。
得か?損か?と言うことで決めたがるから迷っちゃうんで、欲しければ買って、買う必要がないと思えば借りればいいだけの話。

どちらが得かなんて、最後の最後まで分からないこと。損得では決めずに、所有したいかどうか?それで決めればいいんじゃないですか?

もちろん、所有したいと言っても、高い買い物をするわけですから、先立つモノがなければ、購入することはできません。今の時代ならば、目先のお金がなくとも全額借りられますが、あんまりオススメはできません。
金利が低いから今が住宅購入のチャンスなのかもしれませんが、返済ができる目処がないと、オススメはできません。

住宅ローン

ただ、金利が低い今が住宅購入のチャンスだと言えるのは、頭金がたんまりとある方。
金利が低いから、多めに借りておいて、現金のストックを多めに持てる人だけでは?

返済総金額が減るのだから有利なのでしょうけれども、それは返済ができた時の話。
返済ができない結果になれば、金利が高かろうとも金利が低かろうとも一緒。
金利が高いからとか低いからとかではなく、そもそもの返済計画に難があれば、高確率で破綻が待っているだけ。

どちらでもいいんです。誰の人生でもなくあなたの人生。好きに生きるのが一番いい。その中でリスクを背負って無茶な住宅ローンを組むのも、博打っぽくていいんじゃないですか?
私は負ける確率の高い大博打はしませんが……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

好評「安倍マリオ」にノッた発案者公表は大失敗!?
英国のEU離脱は、世界恐慌へのトリガーとなる!?
史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
ドル高円安の流れはいつまで続く?
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
内定を早く出すメリットは?
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
正しい住宅ローンの借り方
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
マイナス金利の日本円が売られ、利上げをする米ドルが売られる理由
すべての道は「東京五輪」へと続く!
リスク回避の一つの方法は?
住宅ローン、もう一度ここを考えて
お坊さんが喰えない時代になっても……忘れたくないモノ

Menu

HOME

TOP