宝くじの収益金を東京五輪の運営費に……何処が犠牲になるのだろう?

人というのは不思議なもので、自分の懐が痛まなければ、どうでも良くなってしまう動物なのでしょう。だから何処かの市議会議員が不正に活動費をせしめるようなことになるのかもしれません。
個人的なお金を不正に取得するわけではないから、やましさも半減してしまうのでしょう。

東京五輪 都外競技会場の運営費などに宝くじ売り上げ (出処 NHK NEWS WEB)

都外の競技会場の運営費など340億円について宝くじの売り上げを充てることで関係する自治体が合意したってことのようです。自分の懐から抜かれるわけではないですから、良かった良かったと胸をなでおろす。
しかも、税金の使いみちなんで、いまいち分かりにくいですから、何はともあれ一件落着!となる。
怖いですねぇ~。

それにしても、宝くじの売上ってそんなにあるんでしょうかね?

東京都は既に宝くじの売上の一部を、東京五輪に回し販売をしているようです。

東京2020大会協賛くじ

宝くじ公式サイトに売上やら、収益金の使いみちを丁寧に掲載しています。

 

平静27年の販売実績は9154億円
この内配当金に回るのは47%の4303億円
そして39.8%の3639億円が収益金として販売元である全国都道府県及び20指定都市に納められ公共事業等に使われていると言うこと。

それにしても、まぁ必要なのでしょうけれども、114億円もの広告費って必要なんでしょうかね?
まぁ、宣伝をしてより多く販売しないとならないのはわかりますけれども、果たして効果があるのでしょうか?

話が脱線しました(^^ゞ

各都道府県の収益金充当事業一覧はこちら

東京都民なので東京都の事業(平成27年)だけを抜粋しておきます。

・子育て推進交付金
・認証保育所事業
・公園・街路整備
・都立学校校舎改築等

宝くじなんて、テラ銭が50%以上ということで、個人的には全く買う気がありませんが、購入すれば購入するだけ、社会の役に立っていることが確認できます。
システム的には素晴らしいモノとなっているのかもしれません。

で、東京都の事業だけの話になりますが、上記の4点ってまだまだ足りないんじゃない?って感じるわけです。お金なんてあればあるほどもっとサービスを提供できるわけですから、このお金から東京五輪に回してしまって平気なんでしょうかね?

十分にお金が回っており、東京五輪にお金を回しても問題がないと言うのならばいいのです。ただ、そうなれば配当金に回せよって話になりませんかね?

年金が危ういとか福祉の財源が足りないとか、医療保険がどうしたとか、こども保険が云々カンヌンと言われているのですから、東京五輪にお金を回す余裕なんてあるのでしょうか?

これ、最終的にお金が足りなくなれば東京都が負担する契約になっているのでしょうから、さまざまな公共事業が今後犠牲になってくることが考えられます。
東京五輪を無理やり開催することによって犠牲になることを考えて、自分の懐が痛まないからいいやではなく、みんなのお金を大切に使うという視点に立てば、東京五輪ってどうなんでしょうかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
幼稚園で教えてもらえなかった常識!?有料駐輪場に自転車を置いても撤去される時代。
豊洲市場に移転し、築地も市場機能を残すということは、東京都中央卸売市場を増やしたということ
詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?
すべての道は「東京五輪」へと続く!
グレーはシロであって、クロじゃない!!
失言も 暴言も己に 跳ね返る
ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
代理戦争で魔物退治ができるのか?
都知事報酬半分の小池百合子新都知事の意図するところは?
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?

Menu

HOME

TOP