国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと

 

確定拠出年金というのをご存知ですか?国が認めたギャンブルのひとつ(笑)
国が認めているのだから合法であり、今後は国が認めたもう一つのギャンブルのひとつであるNISAとともにある程度の人気は獲得できるのかも?

少額投資非課税制度がNISAならば、個人型確定拠出年金はiDeCo(イデコ)。
何処かのプロ野球チームに居た韓国人助っ人の顔が思い浮かぶのは私だけでしょうか?(笑)

今後はじぶん年金と言うような言葉もあるように、自分の老後は自分で守らないとならない時代なんでしょう。
個人的には年金制度が崩壊するとは思えませんが、年金だけで老後の生活が出来るかどうかとなれば、それは無理だと思っています。

で、自分の身は自己責任で自分で守る時代。
先行してNISAをネーミングだけメジャーにし、iDeCoを追随させる形なのでしょう。
国が認めるギャンブルブラザースの出来上がりです(笑)

制度自体は何ら文句はございません。企業にとっても個人にとっても何も問題のないよい制度だと思います。
が、ネーミングと税制が非常にお得だというメリット先行の告知に一石を投じたいわけです。

そもそも日本の風土に「投資」と言うモノが根付いていない。投資やギャンブルで得たお金は「悪銭身につかず」などと言われ、差別の対象にされてしまう。
お金に名前がついているわけでもなく、どんな方法で得たお金であっても同じお金なのに……
まずは「投資の教育をしてからじゃないの?」と思うわけです。
ぬかるんだ土地に立派な御殿を建ててもすぐに崩れちゃうんじゃないの?

そして、無料でiDeCoに参加出来るような感じですが、きっちりと手数料がかかります。その手数料だって馬鹿にならない。もちろん、無料で出来るようなモノなどありゃしませんが、現在の日本国債の利回りから考えても高い手数料。参加すればするだけ、手数料負けをしてしまうような状態。
もちろん、リスクを背負った分だけリターンが得られますから、手数料以上のリターンを得ることは可能ですが、それだけのリターンを得るということは、それだけのリスクを背負うということ。
その辺の認識ができていない方々を参加させるってどうなんでしょうかね?
竹ヤリで戦車に突っ込んでいって勝てますか?って話し。
(手数料に関しては、特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会というところがこちらで公表しておりますので、興味があればご覧ください。)

立派なシステムを構築する前に、投資教育が先なんじゃないの?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
日経平均株価が下がって年金がどうなるんだ!?と騒いでいた方々へ
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?
お金で防げる不幸(自動車事故)
酉年のオープニング相場は?
住宅ローンを組むときには、これを想像してから!
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
一人でもいたら「アウト!」なのだ
利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
「どうせ貰えないから……」という方が減っている?年金納付率が上昇している現実
住宅ローンは「売っぱらえばなんとかなる」という状態で!
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!

Menu

HOME

TOP