喉元過ぎれば……というのが、人のようですから

「備えあれば憂いなし」という素晴らしい言葉を昔の人は残してくれましたが、どうしても備えというモノに対して考えが甘くなってしまうのが人という動物なようです。
現実を見せつけられなければ備えず、得てして現実を見せつけられてからでは遅いのに、それでも現実を見せつけられなければ動けない。

良いとか悪いとかは別です。
東日本大震災後に地震保険加入が増えたというのは、そういうことを裏付ける材料となっていると思われます。

しかし、多くの人が備えているのが生命保険だとか医療保険。
備えることは良いことでしょうが、必要以上じゃないの?という場合も多いようで、必要以上であっても、もちろんそれぞれ個人の自由であって良いとか悪いとかのレベルではなく、必要以上じゃないの?と勝手に他人が思うだけの話し。

生命保険など一生に一度しか使わないのに必死に購入するのに、地震保険は地震大国日本ならば常にリスクが有るのに……。

将来のために貯蓄をするというのもそのひとつ。
将来があるのかないかと言えば、五分五分ではありますが、将来生きてしまえば、必ず必要になるのがお金。
それを稼げる内にきちんと貯めておこうとするかしないか?これも個人個人の自由ではありますが、貯めておいても損はないと思われます。

生きてさえいれば確実にやってくる老後。
その老後を軽視するのは、地震がやってくるリスクを軽視することと同じこと。

生命保険は重要視できるのに、地震保険を軽視したり、貯蓄を軽視してしまうのは何故なのでしょう?

こんな話が出れば、そのときは熱くなって、「地震保険も考えなきゃ」だとか、「老後のための貯蓄をどうしよう」と思ったりするのですが、数日経つと忘れてしまう。
悲しいかな、現実味がないために日々の生活に目が奪われてしまう。

ライフプランをしっかりと作り上げれば、広い視野であなたはあなたの人生を眺める余裕ができると思いますよ。

昔の人は「備えあれば憂いなし」と同じく、ありがたいことに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉も残してくれていました……。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!
住宅ローンは「売っぱらえばなんとかなる」という状態で!
「保険の見直しだけをするな!」ってお話し
これだけ株価が下がれば、年金積立金管理運用独立行政法人の成績だってよくないでしょう。
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
何もしないことが「リスク」である
金銭教育なんてムリ!無理!!だと思うわけ
運用リスクの軽減に「72」を活用!
健康診断は適切な診断を受けておいたほうが良いという件
「近赤外線 ガン消滅」 マジで?
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
貯蓄は家計簿も節約も要らない!必要なのはコレ!!
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!

Menu

HOME

TOP