喉元過ぎれば……というのが、人のようですから

「備えあれば憂いなし」という素晴らしい言葉を昔の人は残してくれましたが、どうしても備えというモノに対して考えが甘くなってしまうのが人という動物なようです。
現実を見せつけられなければ備えず、得てして現実を見せつけられてからでは遅いのに、それでも現実を見せつけられなければ動けない。

良いとか悪いとかは別です。
東日本大震災後に地震保険加入が増えたというのは、そういうことを裏付ける材料となっていると思われます。

しかし、多くの人が備えているのが生命保険だとか医療保険。
備えることは良いことでしょうが、必要以上じゃないの?という場合も多いようで、必要以上であっても、もちろんそれぞれ個人の自由であって良いとか悪いとかのレベルではなく、必要以上じゃないの?と勝手に他人が思うだけの話し。

生命保険など一生に一度しか使わないのに必死に購入するのに、地震保険は地震大国日本ならば常にリスクが有るのに……。

将来のために貯蓄をするというのもそのひとつ。
将来があるのかないかと言えば、五分五分ではありますが、将来生きてしまえば、必ず必要になるのがお金。
それを稼げる内にきちんと貯めておこうとするかしないか?これも個人個人の自由ではありますが、貯めておいても損はないと思われます。

生きてさえいれば確実にやってくる老後。
その老後を軽視するのは、地震がやってくるリスクを軽視することと同じこと。

生命保険は重要視できるのに、地震保険を軽視したり、貯蓄を軽視してしまうのは何故なのでしょう?

こんな話が出れば、そのときは熱くなって、「地震保険も考えなきゃ」だとか、「老後のための貯蓄をどうしよう」と思ったりするのですが、数日経つと忘れてしまう。
悲しいかな、現実味がないために日々の生活に目が奪われてしまう。

ライフプランをしっかりと作り上げれば、広い視野であなたはあなたの人生を眺める余裕ができると思いますよ。

昔の人は「備えあれば憂いなし」と同じく、ありがたいことに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉も残してくれていました……。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分には甘いのが人という動物なのでは?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
知ろうとしないと損をする世の中
【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?
老後資金って言葉に踊らされちゃいませんか?
貯蓄の仕方は人それぞれ
糖質制限はダイエットだけではない!ガンも治る!?
「106万円の壁」に挑戦!
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
「103万円の壁」や「130万円の壁」の踊らされる……件
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
公的年金、過去最高収益を出しているのですから、みんなで感謝しましょ!
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
トランプ氏が勝利して、ドル高円安になるって誰か予想できましたか?

Menu

HOME

TOP