医者に「ガンです」と言われる心の準備はありますか?

以前エントリーした【健康診断は適切な診断を受けておいたほうが良いという件】のつづき

「慌てるな、人の話はよく聞け。」
「わかった、聞く。」
「良くない検査結果ではあるが、ガンではない。」
「なんだよ、ガンじゃないのかよっ!」
「聞けって言ったろ!」
「はい、ごめんなさい。」
「腸上皮化生と云う奴なんだ。」
「チョウジョウヒカセイ?」
「そう、こういう字を書く。」

腸上皮化生とは、先生の話によると、腸上皮化生からガンになるというものであり、ガンではないが、腸上皮化生になっていないとガンにはならないという代物。
ひらたく言えば、ガンの一歩手前であり、早期ガンの一歩手前だということ。

「それと、君はピロリ菌がいた。」
「ピロリ菌がいたんだぁ。こいつが原因なんでしょ?」
「みんなピロリ菌が原因だって言うけど、ピロリ菌だけじゃないから。ピロリ菌も原因のひとつだってことだから。」
「ピロリ菌だけじゃないの?じゃぁ、ピロリ菌を除菌してもダメってこと?」
「ダメも何も、腸上皮化生とピロリ菌は分けて考えないと。ピロリ菌は除菌したほうがいい。それは間違いない。だけど、それだけでガンが防げるかといえばそういうことじゃない」
「なるほど。でも、ピロリ菌を除菌できれば、この腸上皮化生ってヤツも治るかも知れないんでしょ?」
「だからそこは分けて考えなければならないって。腸上皮化生とピロリ菌は別物なんだから」

先生の説明によると、自動車事故を起こしました。
「以後気をつけます」と反省し、注意を怠らなくても、事故った自動車は治らないだろうということでした。
ピロリ菌は今後いたずらを続ける可能性があるため、除菌する必要はあるが、その除菌治療と、腸上皮化生の治療とは全く別物だということでした。

バイキン

「わかった、先生。じゃぁ、今後どうすればいいの?」
「ピロリ菌は除菌する?」
「除菌したほうが良いんでしょ?」
「した方が良いと思うよ。」
「じゃぁ、除菌するよ。」
「その方が良いと思うよ。まぁ、決定権がオレにはないからこういう言い方になっちゃうけどね。」
「なるほど、自己責任ってやつね、分かったよ。じゃぁ、先生のオススメは除菌ですね?」
「そうだね。」
「じゃぁ、除菌する」

まぁ、医者も大変ですよね。言い方ひとつで大変なことになる時代。
「先生がこうしろって言ったからしたのに、こうならなかった」なんて言われたのでは、洒落にならんですからね(笑)

「問題は腸上皮化生なんだよ。今後2つの方法があると思う。」
「何?」
「ひとつは薬で治す。ただし、これは半年以上掛かるから、費用も相当かかってくる。もうひとつは、毎年内視鏡の検査を受けて、早期ガンを発見して削除するというモノ。」
「ちょっと待って?毎年内視鏡の検査を受けるのは良いとしても、ガンになるまで待つってこと?」
「そうだよ、ガンにならない場合もあるだろうから」
「先生のオススメはどっちよ」
「10人のうち9人は、薬で治療するよ。」
「そうだろうね、で、先生のオススメはどっちなの?」
「まぁ、オレなら薬で治療して治しちゃうね」
「なるほど。薬で治療して治ったとしても、再発する可能性はあるんでしょ?」
「そりゃあるよ、あるけど、ガンになるのを待つのは、オレは嫌だから」
「そりゃそうだ。じゃぁ、ボクも治療するよ。でも、先生、さっき費用がかかるって言ったけどどのくらいかかるの?」
「胃の治療薬だからたいしたことはないよ。」
「何言ってんのよ。先生の収入からたいしたことなくても、ボクの収入からはたいしたことあるかも知れないでしょ!?」
「そんなに変わんねぇよ。まぁ、毎月、万までは掛からないよ」
「1万円はかからないってこと?」
「たぶん、そんなところだと思うよ」

これで半年以上に渡る、ガンの前段階と言われる「腸上皮化生」との闘病生活の始まりが決まった。
「お前はラッキーだぞ!普通の医者じゃ、腸上皮化生と診断したら、ガンになるまで放置だよ。治らないって決めつけているから。オレなら治す!」
ほぉ~たいした自信だ(笑)
最後には「半年で治るの?」と聞くと「人によってさまざまだから、1年くらいになるひともいる」と弱気なことも言っていたけど、もう、診断が下されたわけだからこっちはまな板の上の鯉状態。
「オレなら治す!」って言葉を信じるしかない!!もちろん、「オレなら治す!」のあとに(自己責任だから……)と弱気な発言を汲みとっての信じるしかないってことですけどね(笑)

治療はまず、ピロリ菌除去が1週間。
この1週間薬を飲み続けて、除菌できたかどうかが判明するのが、2~3ヶ月後だそうで、ピロリ菌除去の成功率は70%くらいだそう。
そして、失敗に終わっても、次の抗生物質が待っているから、それで95%の人が除菌できているとのこと。
まぁ、誰が取った数字かも分からないけど、とりあえず信じるしかない。

この話しは、また、診断後にでも更新したいと。(つづく、あくまでも気が向いたら(笑))

(先生との会話は、覚えている範囲内で記していますから、すべてが事実ではありませんので、フィクションだと思ってお読み下さい。)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

関東の皆様、矢木沢ダムの貯水率が下がっています!
内定を早く出すメリットは?
国立競技場は、観点がズレてない?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
現役出向という抜け道があったとは……世の中って広い!(笑)
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
ホッピーを呑まないの?ならば、下町ハイボールは如何?
これで過熱競争が止むのか?ふるさと納税
東京五輪ボート、韓国でやるくらいならば、江戸川競艇で開催を!
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法

Menu

HOME

TOP