別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう

一方的な言い分だけを聞いていたのでは、偏った意見になってしまい、建設的な会話が成り立たないことは百も承知。
それにしても「ブラックバイト」というのが話題。

給料の未払いに暴力…それでも若者がブラックバイトを辞めない理由

雇う方の言い分も聞かなければならないけど、完全に雇われ側の視点だけなため、出来る限り客観的に眺めてみないと、イタイ人間になってしまうのでしょう。

「時代が違う」と言われればそれまででしょうが、自己主張ができるかどうか?という、個人個人の資質にも違いが出てくると思われ、私は学生時代に文句を言い捨て、1ヶ月で辞めたバイトが1箇所あります。
「労働条件が約束と違った」というのが大きな要因。
時給1000円、交通費支給と当時では至って普通の条件。
朝9時から18時まで途中1時間休憩といった内容。
この辺までは納得して入ったわけですが、入ってみれば現場から「できたら少し早く来てくれない?」と言われ1時間早く出て朝8時から18時までになったのです。
しかし、バイト代支給日には1時間分の時給が乗ってない!
これに対して本部へ事実を告げると「好きに早く出ており、こっちは頼んでいない」と。
本部と現場とで連絡が行っていなかったのか?現場が都合よく私を使ったのか?は分かりませんが、その場で「働いた分だけ頂戴できないのならば辞めさせて頂きます」と席を立ち上がりました。
話し合うなんてことはありません。
不信感のあるところ、嫌なところで働いていい仕事など出来ませんから。
大学3年の真夏の出来事。
その後すぐにバイト先を見つけ、そのバイト先では大変お世話になり、卒業まで働かせて頂きました。

 

悪魔

いろいろな要因があり、バイト探しは大変なのでしょう。
たしかにそれは理解できる。
学業と両立させることだって、奨学金などのことを考えれば、一度始めたバイトを簡単に辞めるわけには行かない。
それもよく分かる。

でもね、文句だけを言っているのでは、建設的な話しは出来ないと思うんです。
学費が高いと言っても、高い学費であることは、入学前から知っていることであって、今更の話ではないわけ。
同じような境遇であっても、きちんとこなしている学生さんもいらっしゃるわけでしょ?
その学生さんの動向を分析し、どんなバイトをして、学業と両立をしているのか?ということから入ってもいいんじゃない?

雇う側も悪いところばかりじゃないですよ。
悪いところなんて辞めればいいんです。もちろん、簡単に辞めさせてくれないというところもあるようですから、そういうときのために法的手段があるわけです。注意しておきたいのは、法律は「弱い者を助けてくれるためのモノではなく、法律を知っている人が都合よく利用できるモノ」だということ。

たった一度の人生です。つまらないバイト先のおかげで、人生をつまらなくしてはもったいない。
自分に非がない自信があれば、強気に出て大丈夫。
しかし、自分には非がないということを客観的に証明できなければ、自分勝手だとなるだけですから気をつけておきたいところです。
変なところで働いていては、朱に交われば赤くなるではありませんが、いつの間にか精神までが同じ穴のムジナになってしまいます。

石に気付かずにつまずいて転んでヒザを擦りむいたと諦めて、さっさと違うバイト先を探したほうが、先々を考えれば賢明だと思いますけどね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件
死に場所難民なんて怖くない!
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
お得感を求めて損をする
暑い夏には、ハッカ油!特におっさんには(笑)
本当に節約?それって無駄じゃない???
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!
キャッシュレス派は貯蓄に向いているという件
自分には甘いのが人という動物なのでは?
みんなが損をする加計学園問題
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
消費増税で景気が良くなる!?
15連続続伸の日経平均株価のチャートに怪しい形が出現
何ゆえのビットコイン?

Menu

HOME

TOP