円キャリートレードの復活!?

2015/12/04に米雇用統計の発表があり、市場予想よりも良い数字が出てきたことにより、米国の利上げは決定的になった模様。

 

お金は低い金利で借り入れて、高い利回りで運用するのが基本。
高い利回りで借り入れて、低い利回りで運用すれば、破綻の道へまっしぐらでしょうから。

 

現状では日本も米国もゼロ金利金融政策を実施中。
足並みがそろっていたわけですが、いち早く実体経済の好調さが浮き彫りになってきた米国は利上げに踏み切り、遅れを取っている日本はゼロ金利金融政策を実行するだけ。

 

円

ここで日本と米国の間に金利差が生まれてきます。

金利差が生まれてくるということは、その鞘を狙ってお金は動いてくるのでしょう。

 

低い金利で借り入れ、高利回りで運用する

 

この例に倣えば、日本で資金を調達し、米国で運用するということになってくるのでしょう。

日本で借り入れた資金以上の利回りで、米国で運用すれば良いのですから。

 

すると為替はどういう現象を生み出してくるのか?を考えてみると、円を借りてドルで運用なのですから、円からドルへのシフト、すなわち円売りドル買いの形が生まれてくるのでしょう。

ドル買い円売りのポジションとなれば、為替はドル高円安。

金利差だけを考えれば、ドル高円安の形となり、日本にとっては好ましくない円安になってくるのかもしれません。

 

もちろん、為替が金利差だけで動くことはないのでしょうが、金利差がついてくるということは、根底にドル高円安の流れが常につきまとっているということを念頭に置きながらの対応が必要となってくるのでしょう。

 

円キャリートレードの復活ということなのかもしれません。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コインチェックからの不正送金で学べること
トランプ米大統領が生み出す産物
景気が良くならない……解決するには、これしかない!?
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
住宅ローンを組むときには、これを想像してから!
「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」
タバコは店側の判断にすればいいじゃない?経営方針にまで口出し???
離婚の原因は……結婚をしたから!
宝くじ2000枚を寄付するって……
家は買うモノ?借りるモノ?
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
値引額?値引率?あなたはどちらでお得感を感じる?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
先々を見ようとするから難しい

Menu

HOME

TOP