円キャリートレードの復活!?

2015/12/04に米雇用統計の発表があり、市場予想よりも良い数字が出てきたことにより、米国の利上げは決定的になった模様。

 

お金は低い金利で借り入れて、高い利回りで運用するのが基本。
高い利回りで借り入れて、低い利回りで運用すれば、破綻の道へまっしぐらでしょうから。

 

現状では日本も米国もゼロ金利金融政策を実施中。
足並みがそろっていたわけですが、いち早く実体経済の好調さが浮き彫りになってきた米国は利上げに踏み切り、遅れを取っている日本はゼロ金利金融政策を実行するだけ。

 

円

ここで日本と米国の間に金利差が生まれてきます。

金利差が生まれてくるということは、その鞘を狙ってお金は動いてくるのでしょう。

 

低い金利で借り入れ、高利回りで運用する

 

この例に倣えば、日本で資金を調達し、米国で運用するということになってくるのでしょう。

日本で借り入れた資金以上の利回りで、米国で運用すれば良いのですから。

 

すると為替はどういう現象を生み出してくるのか?を考えてみると、円を借りてドルで運用なのですから、円からドルへのシフト、すなわち円売りドル買いの形が生まれてくるのでしょう。

ドル買い円売りのポジションとなれば、為替はドル高円安。

金利差だけを考えれば、ドル高円安の形となり、日本にとっては好ましくない円安になってくるのかもしれません。

 

もちろん、為替が金利差だけで動くことはないのでしょうが、金利差がついてくるということは、根底にドル高円安の流れが常につきまとっているということを念頭に置きながらの対応が必要となってくるのでしょう。

 

円キャリートレードの復活ということなのかもしれません。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ビットコイン 何故か今頃 ビッときた!!
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
米大統領選挙と日経平均株価の動向
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
何ゆえのビットコイン?
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
これで過熱競争が止むのか?ふるさと納税
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……
極端な方向に振れる民意って怖くない?
家は買うモノ?借りるモノ?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
「権力」には魔物が棲んでいる!?

Menu

HOME

TOP