円キャリートレードの復活!?

2015/12/04に米雇用統計の発表があり、市場予想よりも良い数字が出てきたことにより、米国の利上げは決定的になった模様。

 

お金は低い金利で借り入れて、高い利回りで運用するのが基本。
高い利回りで借り入れて、低い利回りで運用すれば、破綻の道へまっしぐらでしょうから。

 

現状では日本も米国もゼロ金利金融政策を実施中。
足並みがそろっていたわけですが、いち早く実体経済の好調さが浮き彫りになってきた米国は利上げに踏み切り、遅れを取っている日本はゼロ金利金融政策を実行するだけ。

 

円

ここで日本と米国の間に金利差が生まれてきます。

金利差が生まれてくるということは、その鞘を狙ってお金は動いてくるのでしょう。

 

低い金利で借り入れ、高利回りで運用する

 

この例に倣えば、日本で資金を調達し、米国で運用するということになってくるのでしょう。

日本で借り入れた資金以上の利回りで、米国で運用すれば良いのですから。

 

すると為替はどういう現象を生み出してくるのか?を考えてみると、円を借りてドルで運用なのですから、円からドルへのシフト、すなわち円売りドル買いの形が生まれてくるのでしょう。

ドル買い円売りのポジションとなれば、為替はドル高円安。

金利差だけを考えれば、ドル高円安の形となり、日本にとっては好ましくない円安になってくるのかもしれません。

 

もちろん、為替が金利差だけで動くことはないのでしょうが、金利差がついてくるということは、根底にドル高円安の流れが常につきまとっているということを念頭に置きながらの対応が必要となってくるのでしょう。

 

円キャリートレードの復活ということなのかもしれません。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

失言も 暴言も己に 跳ね返る
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!
守る100万円と攻める100万円
何故、路面店に免税店があるの?
米大統領選挙と日経平均株価の動向
内定を早く出すメリットは?
日本を大きな地震が襲うと円高になる……何故?
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
青森県で高卒で就職すると、65歳で住宅ローンを完済し、世帯貯蓄が2464万円となる件
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
ピロリ菌は胃がん発生のひとつの原因であり、原因はピロリ菌だけではない!?
現役出向という抜け道があったとは……世の中って広い!(笑)
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
トランプ米大統領が生み出す産物
貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い

Menu

HOME

TOP