内定を早く出すメリットは?

朝からラジオを流していると、いろいろなニュースが流れてきますが、今日「へぇ~」と思ったのが、「ユニリーバ、大学1~2年生にも内定出す新採用制度を導入」ということ。

就職活動というのは、好景気ならば売り手市場で、不景気ならば買い手市場。これは昔から決まったことでしょうし、これからもある程度は変わらない話なのでしょう。

ある程度というのは、これからは人材不足になる業種と、人材が余る業種が極端になってくることが考えられるわけで、それはAIだとかロボット化といった労働力が増えてくることが考えられるため。相当優秀でないと、慢性的に人材が余るような業種に就職というのは難しいのかもしれません。

好きなことをして働いており、趣味だか仕事だかわかりません!と言うのは理想的な話で、そんなところに就職できたり、そんな業界で働くのは、限られた人になってくることが考えられます。そうなると、優秀でないと難しいかもしれません。

喰うために働くとなると、非常にきつくなる。仕事なんてなんでもきついでしょうが、好きになられない業種だと精神的にも辛くなる。

まぁ、何にしても頑張ってくださいとしか言いようがありませんが、色んな角度から所得格差というのは広がる一方なのでしょう。そして、内定時期を前倒し気味にしても、大きな変化は無いと思います。面白い試みだと思いますが、応募する学生が優秀な人材ばかり集まればいいのですが、先に可能性を決めようとする学生さんが優秀だとは限らない。
優秀な学生さんならば、保険感覚で内定を貰うというのもあるかもしれませんからね。

どんな状況でも、どんな業種にしても、お金に働いてもらう投資家というのは、職にあぶれることはないのでしょうね。あぶれることは無いのでしょうが、失敗すればお終いでしょうけどね(笑)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

体育祭の練習中に怪我をした……そのときの保険
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
通信費は真剣に考える事案となりつつある
宅配業者は値上げだけで、問題の改善ができるのか?
25年という経験則からのお話し
なんとかとハサミは使いよう!ならば、賢く優しくなりませんか?
ボジョレヌーボー解禁!今年のキャッチコピーも……
国会の先生方、情けないアピールはやめて、政治家らしいことをそろそろ始めてみては?
東日本大震災以来のインパクト
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
二重国籍問題を穏便に解決するには?
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
今はなくても困らないけど、今後は必須になるかもしれないデビットカード
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。

Menu

HOME

TOP