先々を見ようとするから難しい

米国利上げは織り込み済み

 

金融市場の注目は「米国の利上げ」になっているようです。
しかし、2015/12/16のFOMCでの利上げは織り込み済み。
もう、ここで乗り上げは決定的ということで金融市場の注目は、次の利上げはいつなのか?と言うことのよう。

まだ、1回目の利上げが決定されてもいないのに、2回目の利上げ時期を探るくらい先を進んでいる金融市場ですから、実体経済と金融経済の乖離が大きくなるのも頷けるというもの。

 

チャート

ただ、織り込み済みといっても、利上げ幅が決まっていないわけで、どのくらいの利上げ幅になるのかには注目が集まっているようです。
それでも織り込み済みという雰囲気が強く、マーケットは「出たら終い」の雰囲気も漂わせています。

そして、相場の決定要因が「米国の利上げ」だけではなく、他の要因も多々あるわけで、あくまでも米国の利上げは、決定要因の中の一つであるに過ぎないという事実。
米国の利上げだけで決まっているのならば、どの市場だって簡単なのでしょうが、そうは問屋が卸さないというのがマーケット。
だから面白いという部分が少なからず存在するわけでもあるのですが。

 

相場は相場に聞け

 

なんだかんだと言っても、12月のFOMCで利上げが実行させれるかどうかは、結果が出てみないとわからないわけで、それを予測し先に動こうとするから難しいわけで、これは長くマーケットに携わっている人が陥りがちの罠。
策士策に溺れるというやつなのでしょう。

ならばどうするのか?という事になります。
マーケットに参加している以上、人よりも有利なところで仕掛けたいし、人よりも多く利益を上げたい。
欲の塊となっていなければ、マーケットに参加などしないでしょうから。

でも、預言者だとかの特別な能力を持ち合わせていない限り、先々のことを言い当てることは不可能。
不可能なことに挑戦することに相場の醍醐味があり、面白さがあるのでしょうが、そんなものを捨て、相場は相場に聞けと開き直ると、見えてくるモノがあるのかもしれません。

時の流れに沿うように、マーケットの流れに沿っていれば、資産運用も比較的楽なモノなのかも?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
景気は可処分所得がモノを言う!?
「仮想通貨は安全か否か?」と聞かれるけど、真裏にはどんな言葉が含まれているの?
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
マイナス金利に救世主が現れる!?
東日本大震災以来のインパクト
黄色い財布を持つと、お金持ちになれるって話……
何もしないことが「リスク」である
米大統領選挙と日経平均株価の動向
スタートをするときに、出口を想定する
所得格差を生む要因のひとつは、情報が買えるか否か?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
投資した 気付かぬ内に 凍死した
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!

Menu

HOME

TOP