値引額?値引率?あなたはどちらでお得感を感じる?

 

10000円で販売されている商品が30%OFFで販売されている。
15000円で販売されている商品が3000円引きで販売されている。
どっちが得をした気分になれますか?

10000円の商品は30%OFFということは3000円引きということです。
15000円の商品は3000円引きですが、20%OFFです。

値引金額は3000円で一緒ですから、変わらないのですが、30%OFFに対して20%OFFとなりますので、割引率が変わってくるわけです。
どっちがお得なんでしょうかね?

クエスチョン

では次に、簡単に計算ができるように100kgの体重だとしましょう。
ダイエットの成果が出て、体重は3割減となりました。
しかし、気が緩んでしまい、その後3割増しとなってしまいした。

3割減って3割増化したのだからチャラという感じに陥りやすいのですが、実際は全く違います。

100kgから3割減となると、70kgです。
70kgからの3割増しとなると21kg増しですので、91kgとなります。
結果的に100kgだった体重は91kgになっており、100kgから比べると9%減となっているわけです。

これを割合ではなく、すべて体重だけで表現した場合には、次のようになります。
「100kgだった体重がダイエットを始めて70kgまで減ったのですが、気が緩んでしまって21kgリバウンドしてしまい91kgに戻ってしまいました。しかし、スタートの100kgから考えれば、9kg減となっています。」
と、なるわけです。

数字ってややこしいですよね?
これが前年比5%増だとか、7%減とかのニュースなどになると、余計にややこしい。
日経平均株価などは「本日2.7%の暴落です」などという表現がされますが、株価が8000円のときと20000円のときとでは、下落率が同じでも下落そのものの金額は全く違うわけです。

いろいろな場面で、数字を扱われたさまざまなトラップが仕込まれおります。
冷静に対応できないと「損」をすることになってしまいますので、お気をつけ下さい。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
バブル経済は、人為的にしか起こらない!?
貯蓄の仕方は人それぞれ
マイナス金利の活用方法!
普通の生活って、どんな生活?
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
もやし業者が悲鳴をあげているようです。が、何故、価格をあげないのか?
給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
金融市場をなくすと景気は良くなる?
豊洲市場へ都庁を移してみる?
お坊さんが喰えない時代になっても……忘れたくないモノ
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
日本でテロが起きたら、保険金の支払いは?

Menu

HOME

TOP