借金をした時点で、破産への1アウト!

銀行のカードローン事業の拡大から個人破産が増加していると言われています。
銀行の肩を持つわけではありませんが、銀行は貸し倒れになるリスクを背負って事業をしており、わざわざ返済不可能な人に無理矢理貸しているわけではないのです。

お金を借りたい人が存在し、リスクを背負った分だけ、法定利率の中でお金を貸しているのがカードローン。
何も違反をしていないのですから、銀行のカードローンを責めていても何も改善しないことを自覚する必要があるのでしょう。

そもそもの話として、何故お金を借りるのか?と言うことです。
理由はそれぞれ存在するのでしょうが、お金を借りた時点でアウトだということなのです。
お金を借りなければ自己破産はないのですから、お金を借りた時点でアウト。
ただ、アウト1つで破産になるわけではなく、アウトの積み重ねで破産となり、返済完了となればアウトも消滅します。

お金を借りた時点で、返済計画を立てていますか?
金利は把握していますか?
そして、返済総額がいくらになるか?ご存知でしょうか?

大抵の場合、現状の資金で足りないからお金を借りるわけで、今のままの収入と支出を繰り返していて返済が可能となるはずがないのです。
今のままの収入と支出で返済が可能ならば、余裕資金が存在しているわけですから借金などする必要がないのです。

収入を増やすか?もしくは支出を減らさない限り返済は不可能。
この理屈は単純な四則計算ですから誰にでも分かることだと思いますが、お金を借りるときには見ないようにしている部分です。

「なんとかなるだろう」でなんとかなってしまうことが多々ありますが、なんとかならないときに自己破産となるわけで、「なんとかなるだろう」と思った時点で、すでに自己破産との綱渡り状態だということです。

カードローンを利用している方もこれから利用しようかと考えている方も、まずは返済計画を建てて下さい。
頭のなかでの自分に甘い都合の良いイメージではなく、現実味のある数字で紙に書く。
頭のなかでイメージしただけでうまくいくのならば、誰も自己破産になんてなりませんでしょうから。

そして、勘違いをして頂きたくないのですが、お金を借りることは何も悪いことではないと考えています。
信用があるからお金が借りられるわけですから、逆に素晴らしいことだと思っています。
その信用を失わないためにはどうすれば良いのか?と言うことです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
差別はいけないけど、人間、みな平等じゃないよ
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
信用もお金も貯めるのは難しく、失うのは一瞬
そもそも保険はギャンブルです
景気は可処分所得がモノを言う!?
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
無駄遣いが日本経済を救う!?
周りと比べても、貯蓄は増えません!
給付型奨学金が目指しているのは何処?
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
国民年金だけに頼らないために必要なモノとは?
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)

Menu

HOME

TOP