信用もお金も貯めるのは難しく、失うのは一瞬

お金は貯めるのは大変ですが、使うのは非常に簡単。
信用を積み重ねるのは大変ですが、失うのは一瞬。

現代においてクレジットカードは大きな役割をしておりますし、金本位制ではなくなっている今は「信用≒お金」と言っても過言ではないのかもしれません。
完全に一緒だとは言いませんし、言いたくもないのですが、信用があればお金は回るし、信用が無ければお金は回らない。

信用もお金も積み重ねて貯めるのは大変ですが、失ってしまうのは一瞬だということなのでしょう。

お金は手元にあればあるだけ使ってしまうという方は結構いらっしゃるようですが、信用はあればあるだけ使うということはできません。どのくらいの信用が自分にあるのか?などというのはわからないことですから。
ですから、お金は使えても信用を使うというのはなかなか難しいものです。

ファイナンシャルプランナーのブログですから、信用などと高尚なことをこれ以上述べても仕方がないので、お金に関してビシっとお話しをしていきたいと。

お金を貯めるのは難しく、使うのは簡単。
そして、手元にあればあるだけ使ってしまうという方は、まずは、先にお金を使ってしまいましょう!
現金が手元に入ればすぐに「貯蓄」にお金を使いましょう。

例えば、1万円を貯めて(使って)しまってからの残金でその月の予算を考える。
あればあるだけ使ってしまうのならば、ない状態にしてしまえば使えない……。
荒療治っぽいですけど、ないものは使えない。

手元にある現金だけは使い切って良いのですから、先に1万円を貯める(使う)ことからスタートすれば、節約の意識も薄れるかも?

だからと言って、クレジットカードでバンバン買い物をして、リボ払いということになってしまうと本末転倒ですので、クレジットカードを使うときには計画的に。

どれもこれもダメだってときには、貯蓄をすることを諦めるというのも手段の一つです。税金は納めなければなりませんが、別に貯蓄はしなければならないものではなく、自分の意志だけですから諦めるというのも選択肢の一つとして取っておくのもいいと思いますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

人為的に作り出された情報に踊らされないために
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
都知事報酬半分の小池百合子新都知事の意図するところは?
節税と聞いて真っ先に思い浮かぶモノ
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
悲しいね 節約しながら 浪費する
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
あなたも「東北で良かった」と思っていませんか。
ふるさと納税は政府の東京に対する宣戦布告だった!?
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
保険のプロって誰のこと?
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?

Menu

HOME

TOP