保身がある限り、いじめはなくならない?

世の中に「絶対」と言うモノは少ないでしょうが、その少ない「絶対」の中で絶対に無くならないのが「いじめ」
このいじめもいろいろなパターンがあると思うので、簡単な問題はないのでしょう。セクハラと同じように、受け取った人間側によるさじ加減で、いじめにもなるだろうし、戯れにもなるだろうし。

受け取り側が嫌だと思ったらヤメないとね。そして、自分がやられたら嫌だと思うことは、他人に対して行わない。たぶんこんなことは幼稚園や保育園で教わると思うけど、今はどうなんだろう?

いじめはいじめられる方にも問題はあるという言い分はあるでしょうし、確かにいじめられる方にも何らかの問題がなければ、通り魔的犯行と同じになってしまう。
まぁ、私も車上荒らしにあって、交番に被害届を出しに行ったときに「助手席にセカンドバックを置いておくほうが悪い」と言われてから、モノの見方が変わった現実があります。思い出すだけで腹立たしい警官ですけど……

いじめは絶対になくならないと思いますが、無くす方法はあると思うのです。そのひとつが「ロボット化」。
教員をすべてロボット化しちゃう。
例えばいじめひとつにしても、教員ロボットならば感情がありませんから、不公平が無くなります。
そこでいじめが出たとなれば、学校内がすべて監視カメラで監視されており、ロボットがいじめ認定すれば厳しく処罰。

厳しく処罰も過去の事例判例から、理由の如何などお構い無しで瞬時に適用。もちろん、ロボットしかいないのですから、教育委員会も不要。全てが杓子定規に適用。
教育関連を全てロボット化してしまえば、感情のない子どもたちにナルでしょうが、いじめはなくなる。

これの応用で、裁判制度もすべてロボット化。
判事も検事も弁護士もすべてロボット。公平ですよ、ものすごく公平。過去の事例から瞬時に判断しスピード判決。世論など気にしないですから、パッパと一律ですべてをこなす。

こんな監視社会的でロボットに支配されるような世の中は嫌ですけどね。ただ、これだけ社会問題になっているにもかかわらず、いじめがなくならないし、学校や教育委員会は事実を隠蔽しようとすることが続くのならば、ロボットに教わったほうが子どものためなのかもしれませんから。
隠蔽体質のところで学べるのは「保身」だけかもしれませんからね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
内定を早く出すメリットは?
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
ハロウィンって最悪!と日本中でなる前に
ワイドショー的な話に陥っている森友学園問題に蜂の一刺しはあるか?
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
予想をしても所詮……何故ならば予想は
義理チョコってもうそろそろヤメませんか?お互いに面倒だから……
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
東日本大震災以来のインパクト
景気は可処分所得がモノを言う!?

Menu

HOME

TOP