仮想通貨が暴落!売りが売りを呼ぶ展開

仮想通貨が大暴落。
2018/01/16から2018/01/17にかけて、仮想通貨が暴落しています。
ビットコインに至っては100万円割れの表示まで出ている状態。

掲載しているチャートでは、2017/12に231万円をつけていましたが、2018/01では101万円。
ピークから半額以下の56%の下げに……
値洗い上では増えても、現金化しなければ、半額以下に落ち込んだと言うこと。

そして、「みんなが儲かっているみたいだからやってみよう!」と高値掴みをした方は、資産が半額以下に……
これは現物の計算で、レバレッジを掛けていれば、もう既に資金が尽きているのでは?
レバレッジを掛けていれば、売りから入ってボロ儲けをしているかもしれませんが……

どちらにしても、これが仮想通貨の値動きなのだと認識しておく必要があるのでしょう。

今回の下げの要因が何なのか?
誰にも分からないと思います。これだけの下げを見せたということは、慌てて手仕舞ったという要因だってあるのでしょうから。
ようは、マーケットが下げの時間帯に入ったという結果だけなのでしょう。

もちろん、各国の仮想通貨に対する規制強化の噂とか、ビットフライヤーのサーキットブレーカー発動がきっかけだったとか色々とありますが、相場という観点から考え、しかも証拠金取引となると、資金が続くか切れるか?で相場が大きく動きます。
資金が続かなくなれば強制手仕舞いですから、原因がなんであろうと売りが売りを呼ぶ展開になるということ。

材料はあとからいくらでも付いてきますから、特に証拠金取引をする場合には、資金管理が大切になってくるということなのでしょう。

そして、ありがたい相場の格言はたくさんあります。
投げたら終い」であって「相場は相場に聞け」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
リスク回避の一つの方法は?
高い買い物をするときには、「無料」の言葉には踊らされない!あとで高くつきますよ……
貯蓄ができなくても悩む必要なし!何故ならば……本文を読め!!(笑)
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
使える保険と使えない保険 あなたは保険内容を正しく知っていますか?
25年10カ月ぶりの高値と言いますが……
国民皆年金と年金保険は、どちらがお得?
コインチェックからの不正送金で学べること
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
noimage

Menu

HOME

TOP