五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由

結局、大きな流れには敵わないということか?

五輪の仮設整備、小池知事が負担表明 都外施設も対象

どんなに東京五輪開催にいちゃもんをつけても、開催をするのだろうから何も言いたかないけれども、何故、大会組織委員会のケツを東京都が拭くようなことをしないとイケないのだろう?

仮設整備費は大会組織委員会が負担することになっていたのに、「カネがないから都や自治体が負担しろ」って、それは相当都合が良すぎない?
最初から「経費が嵩んだときには、都が負担し、都が負担しきれない場合は国が負担する」となっていたという言い分は分かるけれども、箸にも棒にもかからないような予算を組んだのは誰?
ハッキリ言って大会組織委員会は破綻状態なのでしょ?破綻状態じゃないのならば、支払えるだろうし、支払えないのは破綻しているから。
それなのにまだ虎ノ門ヒルズに事務所を構えているの?

破綻しているのならば、一回総退陣でしょ?そして、百条委員会で今回の経緯を問いたださないと。
もし、百条委員会とかの騒ぎになれば、次に大会組織委員会でやってくれる人はいなくなるのでしょうね。責任の追求をされない、そして、好き勝手ができるから大会組織委員会に名を連ねているのであって、責任の所在をハッキリし、責任を取らせる前例を作ったら、私利私欲だけで集まるメンバーはいなくなる。

東京五輪を開催することによって、「スポーツを通じて東京発信の形で世界中に興奮をお届けする!」ただコレだけのために集まる人じゃないと成功なんてしないんでしょう。
綺麗事だと言われてしまえばそうかもしれませんが、私利私欲の塊の連中が集まったところで、私利私欲で東京五輪を喰い物にされるだけ。

だから東京五輪など開催しないほうが良いんだ!と言い続けているわけです。

これで都が「これ以上の負担はできません」と白旗を挙げたら、あとは国が負担。国が負担となれば、日本中の方々の税金で賄うことになるわけです。

都に金があるとかないとかではなく、ある一定の金額までは支払うにしても、あとは国に任せればいいんじゃない?そうすれば、日本国民が真剣に東京五輪に対して厳しい目が向くのでしょう。

1兆8千億円に減ったから素晴らしいとかっていうのは、おかしな話なのです。
そもそも1兆円もかけずに誘致活動を行ったわけです。それが3兆円にも4兆円にも膨れ上がったモノを1.8兆円にしたって言うのは全く違う話。
1.8兆円にするのは大変な仕事でしたでしょうが、出発点が違う。4兆円を1.8兆円に減らしたのではなく、都には4000億円しかないのですから、1.8兆円にまで膨らんだことがビックリなのです。

1兆円とか2兆円は都民が負担するのか?それで都民は納得する?
それとも国が負担して、国民を納得させられる?
さっさと国負担にして、国民の厳しい目を虎ノ門ヒルズに向かわせないと、東京五輪が失敗に終わっちゃうんじゃないの?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「必要な物資を早く届けられるのであれば民間も自治体も関係ない」
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
家は買うモノ?借りるモノ?
書くことがないから、ブツブツと……
通信費は真剣に考える事案となりつつある
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
ホクレンのバター問題、正義は何処にあるのだろう?
NYダウが史上初の20000ドル乗せ!アベノミクスに似てないですか?
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
待機児童解消に役立たないですかね?
デパートの友の会が流行っているようだけど……
憲法改正は国会で決まるの?
マイナス金利の活用方法!
「近赤外線 ガン消滅」 マジで?
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。

Menu

HOME

TOP