五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由

結局、大きな流れには敵わないということか?

五輪の仮設整備、小池知事が負担表明 都外施設も対象

どんなに東京五輪開催にいちゃもんをつけても、開催をするのだろうから何も言いたかないけれども、何故、大会組織委員会のケツを東京都が拭くようなことをしないとイケないのだろう?

仮設整備費は大会組織委員会が負担することになっていたのに、「カネがないから都や自治体が負担しろ」って、それは相当都合が良すぎない?
最初から「経費が嵩んだときには、都が負担し、都が負担しきれない場合は国が負担する」となっていたという言い分は分かるけれども、箸にも棒にもかからないような予算を組んだのは誰?
ハッキリ言って大会組織委員会は破綻状態なのでしょ?破綻状態じゃないのならば、支払えるだろうし、支払えないのは破綻しているから。
それなのにまだ虎ノ門ヒルズに事務所を構えているの?

破綻しているのならば、一回総退陣でしょ?そして、百条委員会で今回の経緯を問いたださないと。
もし、百条委員会とかの騒ぎになれば、次に大会組織委員会でやってくれる人はいなくなるのでしょうね。責任の追求をされない、そして、好き勝手ができるから大会組織委員会に名を連ねているのであって、責任の所在をハッキリし、責任を取らせる前例を作ったら、私利私欲だけで集まるメンバーはいなくなる。

東京五輪を開催することによって、「スポーツを通じて東京発信の形で世界中に興奮をお届けする!」ただコレだけのために集まる人じゃないと成功なんてしないんでしょう。
綺麗事だと言われてしまえばそうかもしれませんが、私利私欲の塊の連中が集まったところで、私利私欲で東京五輪を喰い物にされるだけ。

だから東京五輪など開催しないほうが良いんだ!と言い続けているわけです。

これで都が「これ以上の負担はできません」と白旗を挙げたら、あとは国が負担。国が負担となれば、日本中の方々の税金で賄うことになるわけです。

都に金があるとかないとかではなく、ある一定の金額までは支払うにしても、あとは国に任せればいいんじゃない?そうすれば、日本国民が真剣に東京五輪に対して厳しい目が向くのでしょう。

1兆8千億円に減ったから素晴らしいとかっていうのは、おかしな話なのです。
そもそも1兆円もかけずに誘致活動を行ったわけです。それが3兆円にも4兆円にも膨れ上がったモノを1.8兆円にしたって言うのは全く違う話。
1.8兆円にするのは大変な仕事でしたでしょうが、出発点が違う。4兆円を1.8兆円に減らしたのではなく、都には4000億円しかないのですから、1.8兆円にまで膨らんだことがビックリなのです。

1兆円とか2兆円は都民が負担するのか?それで都民は納得する?
それとも国が負担して、国民を納得させられる?
さっさと国負担にして、国民の厳しい目を虎ノ門ヒルズに向かわせないと、東京五輪が失敗に終わっちゃうんじゃないの?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

金融市場をなくすと景気は良くなる?
ピロリ菌は胃がん発生のひとつの原因であり、原因はピロリ菌だけではない!?
まわしモンっぽいケド、まわしモンじゃないよ!
奨学金 甘く厳しく 平等に
地球の温暖化には懐疑的ですが、排ガスは規制したほうが良いのでは?という件
ふるさと納税は政府の東京に対する宣戦布告だった!?
値引額?値引率?あなたはどちらでお得感を感じる?
返礼品目的に納税地を移動するのが、ふるさと納税でしょ?
知らない犬に吠えられます……だから思うこと。
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
普通の生活って、どんな生活?
今はなくても困らないけど、今後は必須になるかもしれないデビットカード
景気が本当によくならない原因
人という字は、人と人が支えあってできているということでもいいじゃない?
ビール類酒税統一の前に、政治資金規正法の改正じゃないの?

Menu

HOME

TOP