世の中は不公平が当たり前?

コンプライアンスと言う言葉が大嫌いなのですが、今の企業はコンプライアンスと言う言葉に踊りまくっているようです。
そして、コンプライアンスというのは何処に向かって発信しているのでしょうか?

あくまでも個人的に思うことですが、建前は「お客さまのため」でしょうが、裏では企業が「自主防衛」のために綺麗事を並べているだけなのでは?
考えてもみて下さい、コンプライアンスと叫ばなくとも、きちんとした企業は何の違反もないわけであり、負け犬の如く「コンプライアンス」と叫ばなくても問題はないわけです。
昔から言うではありませんか、屁と火事は元から騒ぐと。

東芝が解体にまで追い込まれているようですが、何故、2015年の粉飾決算のときに上場廃止にならなかったのでしょうか?
投資家保護を謳っている東証はどうして東芝を取引停止としなかったのでしょう?
むやみに延命措置をした分だけ東芝の業態が悪化しちゃいないかい?
東証のコンプライアンスに、公正公平はないんでしょうか?これって東証の責任問題にならないのかな?

コンプライアンス

法律や社会的な通念を守ること。法令順守と訳されることが多い。1990年代後半から企業の法律違反に端を発する事件が相次いで発生したことから、企業はより厳密に法律を守るべきという社会的要請が強まっている。商法や独占禁止法、不正競争防止法など企業活動において直接触れる法律はもちろん、最近では、個人情報保護法や2008年にも適用が見込まれる日本版SOX法(企業改革法)に対して、企業は対応を迫られている。(出処 ASCII.jpデジタル用語辞典

 

コンプライアンスなんて守って当たり前。人に人格があるように、法人だって法人格があるわけで、守って当たり前。
守れないところは消えるしかないのかもしれません。
声高にコンプライアンス、コンプライアンスと叫ぶところは、当たり前のことを叫んでいるわけで、信用ができないと思っているのは私だけではないはず。

それにしても、世の中というのはいつでも不公平にできているんですね。そして、建前では倫理を叫び倒しても、本音は保身何でしょうかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

投資センスの無い政治家がどんなに頑張っても、国債(政府の借金)は減りようがない
神社やお寺のハシゴはよくない???神様や仏様はそんなに小さくないでしょ?
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
バイトに「ノルマ罰金」は、経営判断ミスから生じているだけでは?
円キャリートレードの復活!?
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
通信費は真剣に考える事案となりつつある
人生いろいろ、十人十色
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
日本を大きな地震が襲うと円高になる……何故?

Menu

HOME

TOP