不透明な市場環境だと感じたときには

マイナス金利が導入されて、先行きが不透明であると思ったときに、どんな資産運用をすべきか?

マイナス金利なのだから、お金を借りることが可能な人は、借りられるだけ借りたほうがいい。
借入金利以上の利回りを出せば良いのだし、たぶん、この状況下で安い金利で借りられる人は、それなりの信用がある人ばかり。
運用などしなくとも、手元にキャッシュを置いておくというのも、大切な資産運用なのでしょう。
自分の感覚で好機と捉えられたところで出るには、キャッシュが必要ですから。

不透明な時代

不透明だと感覚的にでも感じたときには、今の市場環境と自分の感覚があっていないとき。
そのようなときに、無理にポジションを持っていても、傷が広がるだけ。
不透明だと感じている時点で、マイナスが生じているときでしょうから。

現在のマイナスを確定するためにポジションを縮小し、市場環境が整った思われるときまでキャッシュにしておく。
そして、動ける態勢をとっておくということが大切なのではないでしょうか?

ポジションが軽くなったり、ポジションを閉じてから市場に接してみると、急に市場環境が見えるようになったりするものです。
冷静になるためにも、市場環境が不透明だと感じたときには、一度キャッシュ化しておくことが大切なのではないでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
生きづらい世の中になっていると言うことでしょうか?
リスク回避の一つの方法は?
小市民として、ATM手数料を払わないわずかながらの抵抗!
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
教科書を電子書籍化できないの?
日経平均株価の注目点
人生いろいろ、十人十色
予想をしても所詮……何故ならば予想は
人情ってことから考えてみたい現実
奨学金 借りて行くよな 大学か?
保険のプロって誰のこと?
ふるさと納税って、時代が時代ならば大変なシステムですよね?
憲法改正は国会で決まるの?
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……

Menu

HOME

TOP