不透明な市場環境だと感じたときには

マイナス金利が導入されて、先行きが不透明であると思ったときに、どんな資産運用をすべきか?

マイナス金利なのだから、お金を借りることが可能な人は、借りられるだけ借りたほうがいい。
借入金利以上の利回りを出せば良いのだし、たぶん、この状況下で安い金利で借りられる人は、それなりの信用がある人ばかり。
運用などしなくとも、手元にキャッシュを置いておくというのも、大切な資産運用なのでしょう。
自分の感覚で好機と捉えられたところで出るには、キャッシュが必要ですから。

不透明な時代

不透明だと感覚的にでも感じたときには、今の市場環境と自分の感覚があっていないとき。
そのようなときに、無理にポジションを持っていても、傷が広がるだけ。
不透明だと感じている時点で、マイナスが生じているときでしょうから。

現在のマイナスを確定するためにポジションを縮小し、市場環境が整った思われるときまでキャッシュにしておく。
そして、動ける態勢をとっておくということが大切なのではないでしょうか?

ポジションが軽くなったり、ポジションを閉じてから市場に接してみると、急に市場環境が見えるようになったりするものです。
冷静になるためにも、市場環境が不透明だと感じたときには、一度キャッシュ化しておくことが大切なのではないでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

五輪は参加することに意義がなくなっている?
失言も 暴言も己に 跳ね返る
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
保身がある限り、いじめはなくならない?
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
人情ってことから考えてみたい現実
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
景気が本当によくならない原因
投資センスの無い政治家がどんなに頑張っても、国債(政府の借金)は減りようがない
東芝も大き過ぎて潰せない?東証はどうするんだろう???
無駄な消費をしないための心得
常識をあざ笑う非常識!
国立競技場は、観点がズレてない?
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。

Menu

HOME

TOP