不透明な市場環境だと感じたときには

マイナス金利が導入されて、先行きが不透明であると思ったときに、どんな資産運用をすべきか?

マイナス金利なのだから、お金を借りることが可能な人は、借りられるだけ借りたほうがいい。
借入金利以上の利回りを出せば良いのだし、たぶん、この状況下で安い金利で借りられる人は、それなりの信用がある人ばかり。
運用などしなくとも、手元にキャッシュを置いておくというのも、大切な資産運用なのでしょう。
自分の感覚で好機と捉えられたところで出るには、キャッシュが必要ですから。

不透明な時代

不透明だと感覚的にでも感じたときには、今の市場環境と自分の感覚があっていないとき。
そのようなときに、無理にポジションを持っていても、傷が広がるだけ。
不透明だと感じている時点で、マイナスが生じているときでしょうから。

現在のマイナスを確定するためにポジションを縮小し、市場環境が整った思われるときまでキャッシュにしておく。
そして、動ける態勢をとっておくということが大切なのではないでしょうか?

ポジションが軽くなったり、ポジションを閉じてから市場に接してみると、急に市場環境が見えるようになったりするものです。
冷静になるためにも、市場環境が不透明だと感じたときには、一度キャッシュ化しておくことが大切なのではないでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

普通の生活って、どんな生活?
何ゆえのビットコイン?
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
「必要な物資を早く届けられるのであれば民間も自治体も関係ない」
マイナス金利に救世主が現れる!?
人が動いて無料ってモノはないんじゃない?
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
同じことをやっても、結果は違ってくる件
待機児童解消に役立たないですかね?
差別は永遠?言い回しひとつ?
保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
家は買うモノ?借りるモノ?
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?

Menu

HOME

TOP