リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?

世界経済という非常に大きな視点での話であり、お米や大根の値段にはあまり関係のない話。
「英国のEU離脱国民投票問題」

英国がEUから離脱しようが残留しようが、どうでもいいって言ってしまえばどうでもイイ話。
英国とEUとの話であって、極東である日本には地理的には殆ど関係ない。
地理的には……

地理的には関係がないものの、グローバル化されている国際社会。
一気に距離が縮まっており、ネットでいつでも何処でも自由自在。

ユニオン・フラッグ

グローバル化とは、「ヒト・モノ・カネ」が好き勝手に行き来することであり、英国とEUの問題であっても、あっという間に日本にやってくるからさぁ大変。
リーマン・ショックは記憶にまだ新しいと思いますが、アレだって米国での問題。
それが世界恐慌を引き起こしている部分がありますし、現代は瞬時に行き来しているってことです。

長くなりましたが、ですから英国のEU離脱国民投票は、大きな問題となってしまうのです。

英国EU離脱国民投票で金融市場波乱も FX取扱各社が注意を呼びかけ

金融市場に波乱が起きる可能性は否定ができません。
これだけのビッグニュースですから、どちらに転んでも大きく動いてくるのでしょう。

大きく動けば、利益が出てくるチャンスは膨らみますが、リターンは背負ったリスクの分だけしか得られないのが常
大きくリターンを得られるチャンスならば、その分だけリスクを背負っているということの裏返し。

投資家は自己責任で大きなリスクを背負ってリターンを狙うのですから問題ないのでしょうが、取扱会社にしてみればリスクばかりが増大するような状況に。
想定外の値動きが出てくることも考えられるときなのですから、預入金の範囲内で決済できるかどうか別。
資金の回収ができなければ、会社の存続だって……
建玉制限等の措置は、お客さま保護の観点からも会社のリスク回避からも妥当だと思われます。

相場・マーケットは背負えるリスクの範囲内で行うことを心掛けるのが無難。
人それぞれ器というものがありますから、器以上のモノを得ようとすれば溢れるだけ。
冷静に自分の器を見極めましょう。

蛇足となりますが、これだけ事前に騒いでいると、やってこないというパターンも多数存在します。
米雇用統計発表程度の値動きで収まるかもしれないし、5%とか10%の値動きになるかもしれません。
24日になってみないとわからないことですが、動いても3%も値動きは無いように思いますけどね……。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

東京五輪不況がこないことを願うばかり……
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
知ろうとしないと損をする世の中
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
データが溜まってフンヅマリ状態です
「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」
老後資金を心配する前に
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
奨学金 借りて行くよな 大学か?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!
貯金ができないときに必要なモノとは?
相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
25年という経験則からのお話し

Menu

HOME

TOP