リスク回避の一つの方法は?

米大統領選挙当日、クリントン氏が若干有利という話で迎えているようですが、選挙というのは蓋を開けてみないと分からない部分がありますし、特に今回は「最低vs最悪」の戦いですから、どっちに目が出るのか?さっぱり分かりません。

他国のことですから、どなたが大統領になっても、どうでもいいことなのですが、他国と言っても米国。日本は米国に寄り添っていないとどうにもならないところがありますし、世界中で米国に頼っている部分がありますので、知らぬ存ぜぬではダメなのでしょう。

今回の米大統領選のリスクと言えば「トランプリスク」でしょう。トランプ氏が大統領となったときには、世界中が混乱するとまで言われています。
しかし、開票前までにすべての国で「トランプリスク」へのヘッジはしているのでしょう。

国旗

仮にトランプ氏が当選となったときには、各国が一斉に経済政策を打ち出すかもしれません。ですから、マーケットに与える影響は瞬間的にドでかいモノがあるのかもしれませんが、1週間も経てば、いや、2~3日で落ち着いてくるのかもしれません。

逆に怖いのがクリントン氏が大統領になったときなのではないでしょうか?
クリントン氏が大統領になったときには、マーケットが「リスクオン!」状態に入り、年末の米国利上げにまっしぐらとなり、過剰反応を見せてくるかもしれません。

ここ数日の株価だって、クリントン氏劣勢となるや下落の一途。FBIの捜査の手が引かれると、株価が急騰。完全にトランプリスクを織り込んでの値動き。
主役はクリントン氏ではなくトランプ氏。トランプ氏の行動でマーケットは反応を見せているようです。

で、どうしたら良いのか?

コントロールすべきはリスクでしょう。リスクをコントロールするのならば、キャッシュ化。
どんな反応を見せてくるのかは分かりませんし、選挙結果も分かりません。そんなときにはキャッシュ化なのでしょう。
尊師曰く「君子危うきに近寄らず」ってね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
アベノミクスの失敗は既定路線!?
都知事報酬半分の小池百合子新都知事の意図するところは?
例えば、保険を購入しない!
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
ドル高円安・株式の上昇はいつまで続く?
無知は罪なり……無知が死亡事故を起こしてしまう可能性あり!
UFOよりもヘリマネにきて欲しい!
無駄な消費をしないための心得
不透明な市場環境だと感じたときには
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……
三菱東京UFJ銀行の仮想通貨は、メリットが存在するのか?

Menu

HOME

TOP