リスク回避の一つの方法は?

米大統領選挙当日、クリントン氏が若干有利という話で迎えているようですが、選挙というのは蓋を開けてみないと分からない部分がありますし、特に今回は「最低vs最悪」の戦いですから、どっちに目が出るのか?さっぱり分かりません。

他国のことですから、どなたが大統領になっても、どうでもいいことなのですが、他国と言っても米国。日本は米国に寄り添っていないとどうにもならないところがありますし、世界中で米国に頼っている部分がありますので、知らぬ存ぜぬではダメなのでしょう。

今回の米大統領選のリスクと言えば「トランプリスク」でしょう。トランプ氏が大統領となったときには、世界中が混乱するとまで言われています。
しかし、開票前までにすべての国で「トランプリスク」へのヘッジはしているのでしょう。

国旗

仮にトランプ氏が当選となったときには、各国が一斉に経済政策を打ち出すかもしれません。ですから、マーケットに与える影響は瞬間的にドでかいモノがあるのかもしれませんが、1週間も経てば、いや、2~3日で落ち着いてくるのかもしれません。

逆に怖いのがクリントン氏が大統領になったときなのではないでしょうか?
クリントン氏が大統領になったときには、マーケットが「リスクオン!」状態に入り、年末の米国利上げにまっしぐらとなり、過剰反応を見せてくるかもしれません。

ここ数日の株価だって、クリントン氏劣勢となるや下落の一途。FBIの捜査の手が引かれると、株価が急騰。完全にトランプリスクを織り込んでの値動き。
主役はクリントン氏ではなくトランプ氏。トランプ氏の行動でマーケットは反応を見せているようです。

で、どうしたら良いのか?

コントロールすべきはリスクでしょう。リスクをコントロールするのならば、キャッシュ化。
どんな反応を見せてくるのかは分かりませんし、選挙結果も分かりません。そんなときにはキャッシュ化なのでしょう。
尊師曰く「君子危うきに近寄らず」ってね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

安心か? 地獄の始まり? リボ払い
小池都知事vs石原元都知事 非合理的であっても、トコトンやりあうべき理由
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
日本でテロが起きたら、保険金の支払いは?
黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
少数に多数が犠牲になる世の中って変じゃない?
保険のプロって誰のこと?
糖質制限はダイエットだけではない!ガンも治る!?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
例えば、保険を購入しない!
保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
ビットコイン30%の急落も、週足で見れば良い押しか?
トランプ米大統領が生み出す産物
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!
奨学金 借りて行くよな 大学か?

Menu

HOME

TOP