リスク回避の一つの方法は?

米大統領選挙当日、クリントン氏が若干有利という話で迎えているようですが、選挙というのは蓋を開けてみないと分からない部分がありますし、特に今回は「最低vs最悪」の戦いですから、どっちに目が出るのか?さっぱり分かりません。

他国のことですから、どなたが大統領になっても、どうでもいいことなのですが、他国と言っても米国。日本は米国に寄り添っていないとどうにもならないところがありますし、世界中で米国に頼っている部分がありますので、知らぬ存ぜぬではダメなのでしょう。

今回の米大統領選のリスクと言えば「トランプリスク」でしょう。トランプ氏が大統領となったときには、世界中が混乱するとまで言われています。
しかし、開票前までにすべての国で「トランプリスク」へのヘッジはしているのでしょう。

国旗

仮にトランプ氏が当選となったときには、各国が一斉に経済政策を打ち出すかもしれません。ですから、マーケットに与える影響は瞬間的にドでかいモノがあるのかもしれませんが、1週間も経てば、いや、2~3日で落ち着いてくるのかもしれません。

逆に怖いのがクリントン氏が大統領になったときなのではないでしょうか?
クリントン氏が大統領になったときには、マーケットが「リスクオン!」状態に入り、年末の米国利上げにまっしぐらとなり、過剰反応を見せてくるかもしれません。

ここ数日の株価だって、クリントン氏劣勢となるや下落の一途。FBIの捜査の手が引かれると、株価が急騰。完全にトランプリスクを織り込んでの値動き。
主役はクリントン氏ではなくトランプ氏。トランプ氏の行動でマーケットは反応を見せているようです。

で、どうしたら良いのか?

コントロールすべきはリスクでしょう。リスクをコントロールするのならば、キャッシュ化。
どんな反応を見せてくるのかは分かりませんし、選挙結果も分かりません。そんなときにはキャッシュ化なのでしょう。
尊師曰く「君子危うきに近寄らず」ってね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

一票の格差は、議員の一票に格差をつけたら?
逃げられない五輪開催地、逃がさないIOC
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
証人喚問や参考人招致が「頑張ってます!」というポーズにしか見えないのは何故?
一人でもいたら「アウト!」なのだ
ビール類酒税統一の前に、政治資金規正法の改正じゃないの?
人為的に作り出された情報に踊らされないために
NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
相場・マーケットで利益を頂戴するには、異性を口説く感覚が必要である!?
「過払い金」の次は、「労務問題」で食いつなぐ!?思いやりのない、淋しい世の中です
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
ピロリ菌は胃がん発生のひとつの原因であり、原因はピロリ菌だけではない!?

Menu

HOME

TOP