メインにはなれない、セカンドオピニオン

ライフプランのご相談と言っても「何を相談したらいいのか分からない」とおっしゃられる相談者がほとんどです。
私のところにご相談に来られる方のほとんどが、このHPからのお客さまとなるわけですが、ご相談いただくときには明確に「これが聞きたい!」というモノをお持ちになって、そして、初回限定サービスメニューにお申し込み頂く次第です。

初回限定で相談料が3000円と消費税。
ほとんどのご相談者の方から「これでやっていけるんですか?」と聞かれます(笑)
聞かれたときには「やっていけません」と素直に答えます……。
60分を目安で3000円、時給3000円ですから、1日8件のご相談があれば24000円。
これが20日間あれば48万円になりますので、やっていけますが、そんなに相談があるわけもなく、逆に1日に8件ものご相談を受けることは精神的にも物理的にも不可能。
機械的に流れ作業ならばできるのでしょうが、そこは人、60分の目安ですが2時間くらいになってしまうことも……。

で、私のところにご相談に来られる方のご相談内容で多い事柄を挙げてみます。
・「この保険を勧められたのですが、どうなのでしょうか?」
・「この金融商品を勧められたのですが、どうなのでしょうか?」
・「なかなか貯金ができません、どうしたら良いでしょうか?」
・「こういう投資をやっているのですが、意見を聞かせてください。」
・「マンションを購入しようと思うのですが、大丈夫でしょうか?」

ここ1年ですと、このようなご相談が多かった次第です。

相談

ご覧頂けると分かるように「セカンドオピニオン的なご相談」が多いということです。
私が想う純粋なライフプランというものは皆無(笑)
現在の収入から、将来におけるイベントなどを想定し、貯蓄をどのくらいしたら良いのか?だとか、将来的な破綻は考えられるのか?など、ウキウキしたようなお話しは無し……。

そして面白いのが、何かの金融商品等を勧められて迷っているご相談者の視点。
「勧めてくる人たちって、販売のプロなだけですよね?」という発想なんです。
この発想が私と一緒で「そうなんですよ!」ってことで、時間オーバーもなんのそので、じっくりとお話してしまう(笑)

面白いついでに申し上げると「人の責任にしたくないから、納得したい」とおっしゃるご相談者の方がほとんど。
ここでも「そうなんですよ!」となってしまうんです。
結果的に良くも悪くもすべて自分に降りかかるのであって、誰かに責任転嫁をしたところで結果が変わることはないのです。
ならば、結果が出る前に、考えられることを想定しておき、どんな状況になっても自分の力で何とかする。という強い意志を持たれているご相談者が非常に多いのです。

3000円では私の懐が温まることにはなりませんが、それはそれで仕方のないこと(笑)
セカンドオピニオン的な感じのご相談をお待ちしておりますm(__)m

 

で、最後に、やはりほとんどのご相談者の方が目を通すのが、私のプロフィール
投資関連の話と経歴に興味を示してくれるんです。
数奇な人生何でしょうかね?(笑)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
ビール類酒税統一の前に、政治資金規正法の改正じゃないの?
失言も 暴言も己に 跳ね返る
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
今はなくても困らないけど、今後は必須になるかもしれないデビットカード
抜けた方に付いて行くことが基本
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
FOMCが利上げをすれば、ドル高円安になるの?
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
やはり住宅は無理して買うようなモノではなく、無理して買うような時期でもない?
国の借金が1000兆円超えでも、貸しているのが国民で、国民の借金ではない!
東京23区で唯一人口が減少している区があった!

Menu

HOME

TOP