フランク三浦が勝ってしまった!!

第三者がムキになるような問題でもないですけど、面白い裁判がありました。

フランク三浦が勝訴 フランク・ミュラーの主張認めず

フランク三浦が勝っちゃうとは、個人的には驚きです。
「お笑いならばそれでいいのか?」って話しなんですよね。

フランク三浦はフランク・ミュラーをモチーフに製作されたモノだと思うんですけど。
買う方だって、フランク・ミュラーのパクリのフランク三浦だって分かって買っているもの思います。

特許庁は、ミュラーの申し立てを受けて昨年9月、「ミュラーへの『ただ乗り』だ」として、登録を取り消した。訴訟でもミュラーは「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」などと主張した。

 

バッタ物を本物と見せかけて売るような商売ではなく、「偽物です」と謳って販売すればいいのか?って話し。
これまでは「偽物です」と謳って販売しても犯罪でしたが、今後はどうなっちゃうんでしょうかね?

個人的に一番引っかかるのは「顧客吸引力」という部分。
フランク・ミュラーがあって、フランク三浦なのですから、フランク・ミュラーの宣伝広告などにあやかっている部分があるはず。
外見だって質感だって全く違うし、金額だって全く違うのだから、フランク三浦をフランク・ミュラーだと思って購入する人は皆無だと思いますけど、フランク・ミュラーに乗っかっている部分はあると思う。

個人的にはフランク・ミュラーが「やめてくれ」と言っているのだから、やめればいいのにと思うんですけどね。
人が嫌がることをやって、お笑いだと言っても……。

ただ、裁判所が決定したことですから、逆らうわけには行きませんが……。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

東京五輪不況がこないことを願うばかり……
マイナス金利の日本円が売られ、利上げをする米ドルが売られる理由
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件
ヘイトスピーチ?言論弾圧?
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
人生いろいろ、十人十色
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
ふるさと納税って、時代が時代ならば大変なシステムですよね?
常識をあざ笑う非常識!
糖質制限はダイエットだけではない!ガンも治る!?
そうだ!NHKも民営化しちゃえば?
科学にはなれないのが経済
地球の温暖化には懐疑的ですが、排ガスは規制したほうが良いのでは?という件

Menu

HOME

TOP