ビール類酒税統一の前に、政治資金規正法の改正じゃないの?

 

屁理屈以外の何物でもないようなビール類酒税の統一。
いったい何がしたいのか?ただ、ただ、増税をしたいってことなんでしょ?

ビール類酒税55円に統一へ 10月めど メーカーと本格協議 来年度税制改正 (出処 産経ニュース)

増税する前に、政治資金規正法をなんとかしないと、と思うのは私だけなんでしょうかね?

 日本のビールの税金はドイツの19倍、米国の9倍程度と高く、各社は税率の安い発泡酒や第3のビールの開発を進めてきた。

 

そもそもの話として、ビールの税金が高いのだから、ドイツ並みに落としてみたらいいんじゃない?
と言うか、すべてを第3のビールまで落としていいんじゃないの?
百歩譲って発泡酒まで落とせばいいじゃない?発泡酒をビールに格上げしたいのならば、発想の転換でビールを発泡酒に格下げとしても一緒でしょ?

 現在、ビールの税額は350ミリリットル缶で77円、麦芽比率25%未満の発泡酒が47円、麦芽を使わないものもある第3のビールが28円。一本化を目指すのは類似商品の税額格差が企業の技術革新などをゆがめているとみているためで、約55円なら全体の税収規模は現状と変わらない。税額に合わせ、ビールの定義も見直す方向だ。

 

不思議だ……自分たちは痛みを伴わずに、何かをやろうとしている姿勢。
リスクを背負わずに何かができるのでしょうかね?

ビール

政治資金規正法の改正をせずに増税だけって、何がしたいのかさっぱり分かりません。憲法9条云々と言われておりますが、1票の格差まで生まれている政治にバッサリとメスを入れずに、しかも美味しい権利は手放さず、偉そうにするってどういう了見なのでしょう?

まずは、政治資金規正法を国民が納得できるように改正し、そして、消費税をガッツリと引き上げたりなりの増税をしたらどうなんでしょう?

個人的にはビール類をほとんど飲まないので、上がろうが下がろうがどうでも良いって言えば、どうでも良いんですけどね(笑)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件
極端な方向に振れる民意って怖くない?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
デタラメ続きの東京五輪、今度は開会式を祝日に?開会式を祝日に合わせれば?
世の中は不公平が当たり前?
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?
豊洲市場はアウト!?政治に利用されるだけ?
米大統領選直前、株価の動向は?
キングコング西野作『えんとつ町のプペル』は作品としてホロッときます。
みんなが損をする加計学園問題

Menu

HOME

TOP