ドル高円安の流れはいつまで続く?

 

ドル高円安の動きが止まりません。転換しやすいところで転換してきたようですから、次のポイントが出てくるまでは、大きなトレンドに変化は起きてこないのかと思われます。
もちろん、日々の上下は存在しますが、それは大きな流れの中で起きている現象であり、大きなトレンドを変えるまでの動きになるかどうかがポイントだと考えております。

ドル円月足

ドル円相場月足。このチャートを語るとなると長い大きなトレンドを検証すると言うことになり、目先の動向とは異なります。
日柄的にはまだドル高円安だと言えるかと思います。非常に日柄が浅いですから。

高値125.66円から12本のローソク足を費やして99.00円までの下落。
保合いの日柄を加味しても5本のローソク足。
トレンドがまだ下値を探るトレンドならば、半分の日柄となる6本目には注意。

125.66円から99.00円までの下げに対する戻り。
0.382=109.18円
0.5=112.33円
0.618=115.48円
戻りのみということを前提にすると、0.618の戻りを狙って上昇している模様。

このトレンドが下降トレンドのままであると言えるのは、99.00円をあっさりと割ってきたときであり、指標を使えば実線が一目均衡表の先行上限とデッドクロスし雲の中へ突入し、遅行線が実線とのデッドクロスをやって来たときということになるのでしょう。
この形が出てこなければ、上昇トレンドということになり、0.618の戻りを取って全値戻りの形へ入り、高値を更新してきたときには、更なる上昇と言うことになるのでしょう。

相場は値幅と日柄。
日柄も大切に検証していくことが必要なのだと思われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?
医者に「ガンです」と言われる心の準備はありますか?
人為的に作り出された情報に踊らされないために
一票の格差は、議員の一票に格差をつけたら?
国民投票が、なんとなく怖い……
人という字は、人と人が支えあってできているということでもいいじゃない?
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならば「原油価格が下落」すると???
蓮舫議員が日経平均株価を押し上げ、稲田議員が日経平均株価を行って来いとさせた?
ものすごく可哀想だと思うのは……
値引額?値引率?あなたはどちらでお得感を感じる?
どうでも良い話をごちゃまぜにすると、さっぱり分からなくなる
NYダウが史上初の20000ドル乗せ!アベノミクスに似てないですか?
円キャリートレードの復活!?
「金は出すから、口も出す」で夏季五輪は真夏の開催に!?ユネスコは金を出しても口出せず……
WTI原油が12年ぶりの安値

Menu

HOME

TOP