ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?

 

書くだけのネタがなくなれば、為替だとか日経平均だとかのチャート分析をしてお茶を濁す……。
普段からやっていることを、ときたま公表するだけなので、全く問題のないことなんだけれども、当たっていないときには沈黙を貫き通したいモノなのです(笑)。

今振り返ってみると、2016/06/26にドル円の円高ピークの価格と時期を考えてみましたが、どんな数字を言っていたのか?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
まぁ、近からず遠からずと言った感じでしょうか?

1ヶ月以上が経過し、マーケットがどのように変化を見せてきたのか?その辺から検証。

東京円相場週足

98.98円から107.49円までのドル高円安の形を作り出し、円安ピークから再び100円割れに挑戦と言った感じでしょうか?
100円を割れるかどうか?
まずここで考えられることを述べておきますと、98.98円が支持線となって動くと言うこと。
そして、98.98円を下抜けし、上昇した分だけ相場が悪くなるという形。

98.98円が支持線となれば、ダブルボトムの形に向かって推移ということなのでしょうが、前回の検証から時期的な部分が不足。
ですから、支持線となる可能性は低いのではないか?と思われる次第。
もちろん、ダブルボトムが完成されたら素直に従いますが……

では、下抜けすることを前提に考えてみれば、06/24の98.98円から07/21の107.49円までの上昇に対する下げ幅となって、目標値は次の通り。

1.382=95.73円
1.5=94.73円
1.618=93.72円
2=90.47円

 

93.26円を目標とすることを前回申し上げておりますが、今回も93.72円という数字が算出されています。
93円台がこれだけ出てきているのですから、これらの数字を無視するわけには行きません。

今のところ思惑通りに動いているということになっているようです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

暑い夏には、ハッカ油!特におっさんには(笑)
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
見返りを求めない投資は存在しない
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
やはり白票(無効票)でも有効だと思う理由
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
トランプ氏の米大統領が現実味を帯びてきた?
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?
15連続続伸の日経平均株価のチャートに怪しい形が出現
国民が求めているのは「将来の安定」だけ?
データが溜まってフンヅマリ状態です
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
奨学金 甘く厳しく 平等に
解散総選挙に「大義」など必要ない!?

Menu

HOME

TOP