ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?

 

書くだけのネタがなくなれば、為替だとか日経平均だとかのチャート分析をしてお茶を濁す……。
普段からやっていることを、ときたま公表するだけなので、全く問題のないことなんだけれども、当たっていないときには沈黙を貫き通したいモノなのです(笑)。

今振り返ってみると、2016/06/26にドル円の円高ピークの価格と時期を考えてみましたが、どんな数字を言っていたのか?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
まぁ、近からず遠からずと言った感じでしょうか?

1ヶ月以上が経過し、マーケットがどのように変化を見せてきたのか?その辺から検証。

東京円相場週足

98.98円から107.49円までのドル高円安の形を作り出し、円安ピークから再び100円割れに挑戦と言った感じでしょうか?
100円を割れるかどうか?
まずここで考えられることを述べておきますと、98.98円が支持線となって動くと言うこと。
そして、98.98円を下抜けし、上昇した分だけ相場が悪くなるという形。

98.98円が支持線となれば、ダブルボトムの形に向かって推移ということなのでしょうが、前回の検証から時期的な部分が不足。
ですから、支持線となる可能性は低いのではないか?と思われる次第。
もちろん、ダブルボトムが完成されたら素直に従いますが……

では、下抜けすることを前提に考えてみれば、06/24の98.98円から07/21の107.49円までの上昇に対する下げ幅となって、目標値は次の通り。

1.382=95.73円
1.5=94.73円
1.618=93.72円
2=90.47円

 

93.26円を目標とすることを前回申し上げておりますが、今回も93.72円という数字が算出されています。
93円台がこれだけ出てきているのですから、これらの数字を無視するわけには行きません。

今のところ思惑通りに動いているということになっているようです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

知ろうとしないと損をする世の中
デート費用は男性が持つ?それとも割り勘?
TPP離脱の大統領令に署名したトランプ米大統領の本気度と覚悟
節税と聞いて真っ先に思い浮かぶモノ
景気が本当によくならない原因
正しい住宅ローンの借り方
あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
相続対策で空室物件が増える!?
国民投票が、なんとなく怖い……
別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう
崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価
ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件
「神の見えざる手」には逆らえない!?と言うことを理解したい
ノーベル賞ではない経済学賞

Menu

HOME

TOP