ドル円は何処まで?目標値を検証

 

ドル円の動向ばかりを追っているのも趣味ではないのですが、聞かれたからには答えねばならない。
大体において、あらゆる条件を満たすことによって目標値を取りに行くだから、条件をこなせない場合には、その都度修正をしないといけないと言うことは大前提にあります。
現段階で考えられることを述べておきたいと思っております。

まず聞かれた内容が「130円になるんでしょ?」ということ。何を根拠に130円なのかが分かりませんが、とにかく「130円になると誰かが言っていた」と。だから「130円になるんでしょ?」と。ちなみに130円とは1ドル=130円のことです。

誰が言っているのかが分からずに、根拠が分からないのですから、純粋に私の見解をさせてもらうだけ。130円云々はまずは度外視。

ドル円相場の流れを月足で確認すると、75.52円から125.66円まで上昇し、99.00円まで下落して反発している状態だということ。

75.52円から125.66円までの上昇に対する押し
0.382=106.50円
0.5=100.59円
0.618=94.67円

99.00円が安値になっているのですから、半値押しを見せてきた模様。半値押しから反発している状態だということです。

では、125.66円から99.00円までの下げに対する戻り、および、上昇幅を考えてみましょう。
0.382=109.18円
0.5=112.33円
0.618=115.48円

1=125.66円
1.382=135.84円
1.5=138.99円
1.618=142.14
2=152.32円

75.52円からローソク足44本で125.66円をとり、99.00円までは12本のローソク足。
44本に対して17本のローソク足が0.382のため、17本前後のローソク足を費やして反発をすると考えていたのですが、17本目にキッカケとなる米大統領選があり、スルスルとドル高円安に動いてきた結果。
安値は12本を費やしたところで付けており、17本目までは保合い状態。
ですから、99.00円の安値と言うのは、75.52円を起点とした半値押しであり、日柄は0.382となっているということ。反発をしても問題のない状態だということなのでしょう。

99.00円から現在で6本のローソク足を費やしており、値段は99.00円までの下げに対する0.618の戻り。
115.48円を目標とした形で止まっても問題のない状況だということ。

75.52円を起点とした上昇トレンドが出来上がっており、99.00円がいい押しだとすれば、日柄をかけて125.66円を超えてくる形が想定できるわけです。
上昇速度にもよりますが、倍返しとなる152.32円を目指す形も考えておく必要はあるのでしょう。
1998/08には147.64円という為替もあったわけですから、152.32円だって考えておく必要はある。
その前に2002/02の高値135.04円が目標となりやすく、1.382倍の135.84円を目指す形が無難な見解となるのでしょう。

130円が出てくるかどうかは分かりませんが、チャートの形は、115円どころ125円どころ135円どころを焦点としたポジション取りがベターではないか?と言っているように感じています。
日柄を無視できませんから、その都度検証を怠りなく。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

貨幣(お金)とは一体なんぞや?
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
潰さない 潰れちゃうから 潰せない
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
ビットコインが暴落と言うけれど、年初はいくらだったのか知っていますか?
憲法改正は国会で決まるの?
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
SMAP解散から知る、マーケット材料とは?
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
25年10カ月ぶりの高値と言いますが……
何もしないことが「リスク」である
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?

Menu

HOME

TOP