デメリットしか見えない東京五輪はやめちゃえば?

 

デメリットしか見えない東京五輪は開催をしなければいい。1兆円くらいの罰金を支払ってもヤメたほうが得策。悲観論ではなく現実をみた場合に、ヤメたほうがいいと思う次第。

8000億円で受注した注文を2兆円になりましたと言って支払ってくれるところがありますか?3兆円以上掛かるとまで言われたモノが2兆円になれば、1兆円も経費削減をしたと思うかもしれないが、そもそも8000億円で受注した東京五輪なのですから、2兆円となっても1.2兆円も予算オーバー。
こんなイベントを民間がやりますか?

五輪

選手第一で五輪を考えるのは普通のことですが、「東京」五輪でなければならない理由は?何処で開催しようとも、参加選手の条件は一緒。場所を東京に限るのならば、既存の施設を使えばいいし、東京に限らないのならば、地方に持って行けばいいだけの話。そして、地方だって既存の施設を使えばいいわけで、わざわざ施設を新設する理由がわからない。

新設をしたいのならば、新設をしたい人が金を出せばいいでしょ?どの競技だって協会があるんだろうから、協会がなんとか金を捻出すればいい。できないなら諦めればいいだけの話では?

どうしても開催したいのならば、日銀が勢い余って1.2兆円のお金を刷って、無利子で貸せばいいんじゃない?もちろん、保証人をとってですけどね。保証人は東京五輪をどうしても開催したい人たちにすればいいのでは?東京五輪関連の個人ですよ、個人。協会とか政府とか東京都とかの法人やら法人格とかではダメ。あくまでも個人。会長とかが個人で保証人になれば必死になるんじゃない?

それと、クラウドファンディングなどで資金の提供を募ってみたら?120万人の人が100万円ずつ出してくれたら、1.2兆円になりますから。
120万人の方が100万円ずつ出して東京五輪を観たいですかね?観たいのならばそうすればいい。集まらなければ開催ができないだけのこと。

施設ってランニングコストが掛かるのです。開催後はその施設をどうするのでしょうか?売却でもして現金に変えるのでしょうか?五輪を開催するようなイベント会場を使うようなイベントが、ランニングコストを回収できるまで行われるのでしょうか?

最終的には都民にツケが回ってくるから嫌なんです。仮に増税がなくとも、赤字分を埋めるために、既存の公共サービスの削減が行われる。
8000億円で東京五輪開催は承諾したのですから、それ以上は「ビタ一文出さない」ってことじゃないと、どんな形であれ都民にツケが回ってくる。

東京五輪に関係のない地方の方々は、「関係ない」ってことになるのでしょうが、東京がコケたときを考えて下さい。それが地方再生のチャンスになるのならばいいですが、共倒れの危険性を考慮しておかねばならないのでは?

 

非現実的ではありますが、結論。

1:罰金を支払っても東京五輪の中止
2:8000億円以上の資金の提供は無し。3兆円が2兆円に減っても1.2兆円の資金がないことを自覚する必要あり
3:どうしても2兆円掛かるのならば、1.2兆円は大会組織の会長などが個人保証人となって日銀から借りるべき
4:クラウドファンディングの活用

決まったものはやめられないのならば、知恵を使って開催しないとね。
選手が可哀想過ぎる……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「心がない」という言葉は……刺さるんです。
そもそもマイナス金利よりも前の段階が問題じゃない?
人という字は、人と人が支えあってできているということでもいいじゃない?
「家事は女性がやるもの」だと思ってしまうのは◯◯だから……すべて偏見視点
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
メインにはなれない、セカンドオピニオン
もうはまだなり、まだはもうなり
節税と聞いて真っ先に思い浮かぶモノ
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
「必要な物資を早く届けられるのであれば民間も自治体も関係ない」
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?

Menu

HOME

TOP