ストレス溜めずに、銭貯めて!

家計を見直すという行為をするときのきっかけは一体何なのでしょう?
無駄な出費があれば、それを削減し、無駄な出費をしていた分だけ貯蓄に回すというのも、家計を見直すときのひとつのきっかけではあるのでしょう。

何も手を付けていないある意味まっさらな家計ならば、無駄なモノがあることはあるのでしょうが、その無駄なモノだと分かってもなかなか手が出せないのが現実。

例えば、通信費を大幅削減は出来ることでしょう。しかし、この手続にはひと手間もふた手間もかかるわけで、分かっていてもなかなか重たい腰が上がらない。
どうしてもあとでいいや……と言うことになり、そのうち忘れる(笑)

一方で結構節約の領域に足を踏み入れているご家庭ですと、削れるところなどあっさりとは見つからないわけです。何処かの地点で妥協をし節約に踏み切らないと貯蓄はできません。

こうなってくるとストレスになる。ストレスを背負ってまでする必要がある節約なのか?そういうことは丁寧に考えて見る必要があるのでしょう。
毎日節約しているからと、たまには羽目を外さないとやってられないと羽根を伸ばすと、それまでの節約が水の泡。努力しなければ節約などできないのでしょうが、ストレスを抱え込みすぎても良い結果など出てこないのでしょう。

お金を貯めるために始めた節約で、ストレスを溜めたのでは洒落にもなりませんからね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
酉年のオープニング相場は?
高い買い物をするときには、「無料」の言葉には踊らされない!あとで高くつきますよ……
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
教育費のイメージは、あなたにとって有効なイメージですか?
景気は可処分所得がモノを言う!?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
面倒とリスクは分けて考えるってことが大切だという件
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
「権力」には魔物が棲んでいる!?
老後のための資産運用って必要あるの?
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う

Menu

HOME

TOP