ストレス溜めずに、銭貯めて!

家計を見直すという行為をするときのきっかけは一体何なのでしょう?
無駄な出費があれば、それを削減し、無駄な出費をしていた分だけ貯蓄に回すというのも、家計を見直すときのひとつのきっかけではあるのでしょう。

何も手を付けていないある意味まっさらな家計ならば、無駄なモノがあることはあるのでしょうが、その無駄なモノだと分かってもなかなか手が出せないのが現実。

例えば、通信費を大幅削減は出来ることでしょう。しかし、この手続にはひと手間もふた手間もかかるわけで、分かっていてもなかなか重たい腰が上がらない。
どうしてもあとでいいや……と言うことになり、そのうち忘れる(笑)

一方で結構節約の領域に足を踏み入れているご家庭ですと、削れるところなどあっさりとは見つからないわけです。何処かの地点で妥協をし節約に踏み切らないと貯蓄はできません。

こうなってくるとストレスになる。ストレスを背負ってまでする必要がある節約なのか?そういうことは丁寧に考えて見る必要があるのでしょう。
毎日節約しているからと、たまには羽目を外さないとやってられないと羽根を伸ばすと、それまでの節約が水の泡。努力しなければ節約などできないのでしょうが、ストレスを抱え込みすぎても良い結果など出てこないのでしょう。

お金を貯めるために始めた節約で、ストレスを溜めたのでは洒落にもなりませんからね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
投資を始めるときの第一歩
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
投資した 気付かぬ内に 凍死した
UFOよりもヘリマネにきて欲しい!
ビットコインが100万円超えって、正気の沙汰なのか?
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
平均寿命が80歳オーバーと言っても、平均余命は?
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
運用リスクの軽減に「72」を活用!
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
FRB議長「ビットコインは極めて投機的資産」
差別はいけないけど、人間、みな平等じゃないよ
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……

Menu

HOME

TOP