ストレス溜めずに、銭貯めて!

家計を見直すという行為をするときのきっかけは一体何なのでしょう?
無駄な出費があれば、それを削減し、無駄な出費をしていた分だけ貯蓄に回すというのも、家計を見直すときのひとつのきっかけではあるのでしょう。

何も手を付けていないある意味まっさらな家計ならば、無駄なモノがあることはあるのでしょうが、その無駄なモノだと分かってもなかなか手が出せないのが現実。

例えば、通信費を大幅削減は出来ることでしょう。しかし、この手続にはひと手間もふた手間もかかるわけで、分かっていてもなかなか重たい腰が上がらない。
どうしてもあとでいいや……と言うことになり、そのうち忘れる(笑)

一方で結構節約の領域に足を踏み入れているご家庭ですと、削れるところなどあっさりとは見つからないわけです。何処かの地点で妥協をし節約に踏み切らないと貯蓄はできません。

こうなってくるとストレスになる。ストレスを背負ってまでする必要がある節約なのか?そういうことは丁寧に考えて見る必要があるのでしょう。
毎日節約しているからと、たまには羽目を外さないとやってられないと羽根を伸ばすと、それまでの節約が水の泡。努力しなければ節約などできないのでしょうが、ストレスを抱え込みすぎても良い結果など出てこないのでしょう。

お金を貯めるために始めた節約で、ストレスを溜めたのでは洒落にもなりませんからね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

貯めるのは難しくても、簡単に使えるのがお金
常識だとか普通だとかで幸せになれますか?
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
デート費用は男性が持つ?それとも割り勘?
「~しなければならない」と考えるよりも……
トランプ氏=ジャイアン?なのか???
給付型奨学金が目指しているのは何処?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!
景気は可処分所得がモノを言う!?
相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
何もしないことが「リスク」である
【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?

Menu

HOME

TOP