スタートをするときに、出口を想定する

物事というのは、始めるときには勢いやタイミングで始められることがあります。もちろん、綿密な計画を立てておかないと、残念ながらスタートは切ったものの……と言うことになりかねません。
かと言って、石橋を叩いて渡ってばかりいると、石橋を叩き割って川へ落ちてしまうことも。

資産運用を始めるのは簡単です。いくらかの資金があれば始められます。家を買うのも、今の時代ならばお金を貸してくれるところはいくらでもあるでしょう。気に入った物件があれば、飛びつき買いも可能です。結婚だって、婚姻届を提出すれば良いのですから非常に簡単。
何の計画もなく物事をスタートするのは簡単なのです。

しかし、資産運用では失敗すれば投資金を失いますし、家を購入しても住宅ローンがあれば返済できなければ持って行かれます。持って行かれるだけ済めばいいですが、多額の借金が残る場合もあるわけです。そして離婚となれば、ものすごいパワーを使うらしいですし、慰謝料など予定外の損失が発生する可能性があります。

ようは、物事をスタートするときには、出口を想定しておくということです。資産運用では成功したときと失敗したときの出口。
住宅ローンならば残念ながら払えなくなってしまったときの対処の仕方。そして結婚したときは、様々なシーンを想定しておく必要があるのでしょう。

出口というのは非常に難しく、間違った出口へ向かってしまうと、人一倍苦労したり、必要以上の出費が掛かってしまう可能性があります。

スタートの時点で出口を想定する。
何事にも重要な事だと思われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
これだけの効果が考えられるのだから、ポケモンGOを国策として推奨しよう!(笑)
貯蓄の仕方は人それぞれ
老後資金を心配する前に
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならば「原油価格が下落」すると???
ビットコインが100万円超えって、正気の沙汰なのか?
住宅ローンでは、買ったあとのことを考えることが重要
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
年金運用が大失敗だって、ホント?
投資って人生の縮図なんだよね……って思う件
崩れかけのダウ、目指しているのは?
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
「死後離婚」という言葉を受けての誓い

Menu

HOME

TOP