スタートをするときに、出口を想定する

物事というのは、始めるときには勢いやタイミングで始められることがあります。もちろん、綿密な計画を立てておかないと、残念ながらスタートは切ったものの……と言うことになりかねません。
かと言って、石橋を叩いて渡ってばかりいると、石橋を叩き割って川へ落ちてしまうことも。

資産運用を始めるのは簡単です。いくらかの資金があれば始められます。家を買うのも、今の時代ならばお金を貸してくれるところはいくらでもあるでしょう。気に入った物件があれば、飛びつき買いも可能です。結婚だって、婚姻届を提出すれば良いのですから非常に簡単。
何の計画もなく物事をスタートするのは簡単なのです。

しかし、資産運用では失敗すれば投資金を失いますし、家を購入しても住宅ローンがあれば返済できなければ持って行かれます。持って行かれるだけ済めばいいですが、多額の借金が残る場合もあるわけです。そして離婚となれば、ものすごいパワーを使うらしいですし、慰謝料など予定外の損失が発生する可能性があります。

ようは、物事をスタートするときには、出口を想定しておくということです。資産運用では成功したときと失敗したときの出口。
住宅ローンならば残念ながら払えなくなってしまったときの対処の仕方。そして結婚したときは、様々なシーンを想定しておく必要があるのでしょう。

出口というのは非常に難しく、間違った出口へ向かってしまうと、人一倍苦労したり、必要以上の出費が掛かってしまう可能性があります。

スタートの時点で出口を想定する。
何事にも重要な事だと思われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
格安スマホ 消費者物価に反映へ、シェア拡大で無視できない状態に?
無駄遣い 人によっては 自己投資
落ちてくるナイフはつかむな
老後資金を心配する前に
ビットコイン30%の急落も、週足で見れば良い押しか?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。
黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
幸せを何から得ますか?
運用リスクの軽減に「72」を活用!
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?

Menu

HOME

TOP