グレーはシロであって、クロじゃない!!

 

昔から言われていることですが、「グレーなところが一番儲かる」って話。
まぁ、色んな意味でってことでしょうから、グレーが一番儲かるってことではないと思うんですけどね。
しかも、ぶっちゃけた話、グレーってないんですよ。
違反と烙印を押されたらクロ。
烙印を押されていないのならば、グレーなんてないんです。シロなんです。

しかし、「グレーだなぁ」という感覚は拭えない。
いろんな力技でクロをシロにしてしまうことも多々ありますけどね。

個人間で車シェア人気、「無許可営業」と指摘も

レンタカー事業なんだから、許認可が必要なんでしょう。
たぶん、大手の企業が参入していなければ、そんなに問題になっていないことなんでしょう。
民泊だって「利益になる!」って大手が参入しだしてうるさい話に。

目立っちゃうとやっぱり駄目なんですよね。
個人間のやり取りだけならば、そうそううるさく言われることもない。
しかし、大手が参入してくれば、その市場の占有率が変わってくるでしょうから、大騒ぎになる。
許可を取って営業しているところにとっては「冗談じゃない!」って話になる。

悪魔

でも、これが面白いことに、ずっと目立たず、ある日突然注目を浴びると、関連労働者などが多くて、許可を出す側が折れるということも結構あるわけ。
「大き過ぎで潰せない」って話になるから、世の中というのは面白い。

例えば、日本では許可の得られていない添加物があるとするじゃないですか?
海外では普通に使われていても、日本では許可がない。
ということは、日本では使えない添加物なのですが、輸入品には平気で使われているわけで、その添加物を使った食品の販売は業界では暗黙の了解。

添加物とかの安全性を承認するには長い年月が必要ですし、費用も莫大に掛かるのでしょうが、日本では許可が降りていなければクロなんですよ。
しかし、このクロってことが世の中に出てしまうと、スーパーの食品棚の6割とか7割の食品が消えてしまうとなると、パニックになるでしょ?パニックにならないようにするにはどうすればいいか?許可してしまえば良いわけです(笑)
すべての手続をすっ飛ばして許可も出てしまうんですねぇ~。

あくまでも例えばの話です。
実際にあったように書いていますが、例えばの話です。
週刊誌にタレ込んで、記事なる瞬間に役所から添加物の使用に許可が降りて、記事の差し替えになったことがあるなんて、すべて空想の話しです(笑)
頭にきて、お役所に電話をして文句を言っても、「認可が降りましたので」と言われてお終いになった過去があるなんて……
許可が降りたものは仕方がないが、知っていて平気で使っていた会社の食品をあれ以来一度も購入しちゃいませんけどね。
ってのも、すべて空想の話です(笑)。

ぶっちゃけた話、許可が降りた日に、許可の下りた添加物が使用されている食品がスーパーの食品棚に並んでいるって、非常に不思議な話しなんですけどね……

すべて空想です!!空想だって言っておかないと面倒だからね(笑)

ってことで、無理が通れば道理引っ込むってことがまかり通る世の中ですから、レンタカー業務であっても頑張ってもらいたいものです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「支持政党なし」って政党名、違法ではないが一部不適切なのでは?
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
あなたは65,759円を支払っても、ライブでは観れずに開催するだけですが、東京五輪を開催したいですか?
五輪は参加することに意義がなくなっている?
「必要な物資を早く届けられるのであれば民間も自治体も関係ない」
人という字は、人と人が支えあってできているということでもいいじゃない?
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
使い方ひとつで、悪に変化するモノ
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
消費税10%へ、非常に良い策だけど……どうなんでしょう?
米中間選挙……投票日が火曜日って……
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
根本的なルールの見直しがないと、ふるさと納税は消滅しちゃうんじゃないの?
ビール類酒税統一の前に、政治資金規正法の改正じゃないの?

Menu

HOME

TOP