キャッシュレス派は貯蓄に向いているという件

株式会社ジェーシービー(以下 JCB)は、2018年2月9日(金)から13日(火)の5日間、全国の20歳から69歳の男女を対象に「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」をインターネットで実施しました。

調査結果は次のようなことだったようです。

[調査結果]
1.新年度の目標
≫ 新年度の目標 1位は4年連続で「貯蓄」、2位は「生活費の見直し・節約」
≫ 今年の貯蓄目標額は? 平均168.7万円 目標額が最も高い年代は? 男性は30代 女性は50代がピーク
≫ 昨年1年間に増やせた貯蓄額は平均59.9万円 キャッシュレス派の年間貯蓄増加額は現金派の2.7倍
≫ キャッシュレス派と現金派の貯蓄格差が顕著 キャッシュレス派男性の年間貯蓄増加額は現金派の2.9倍に

興味深いのはキャッシュレス派が現金派よりも貯蓄額が多かったと言うこと。
一般的に「カード破産」だとか、「無計画な使い込み」だとか言われ敬遠されがちなキャッシュレスですが、こういう結果も出ていると言うことです。

キャッシュレスで生活をするということは、それなりに管理をしないと破産の道に突き進んでしまうのでしょうから、管理の上手い方がキャッシュレスになっていると想像できますし、収入自体も多いからキャッシュレスで生活ができるのでは?と思われます。

何にしてもキャッシュレス派だろうと現金派だろうと、「管理」することが大切なわけで、管理を怠ればいい目を見ることは難しいということ。
管理の手始めにはデビットカードがオススメです。
口座に入っているお金しか使えまえんから信用が要らないし、使い過ぎにもなれない。
使う度に連絡が入るのですから、無駄遣いも減るかも?

よくよく考えてみないといけないのは、調査をしたところがカード会社だということ。
カード会社が現金派に有利なことだけや、キャッシュレス派に不利なことばかり述べるはずがないと、穿った眼鏡を掛けて眺める必要はあると思いますがね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
無駄な消費をしないための心得
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
貯金ができないときに必要なモノとは?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!
相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
仮想通貨の流れは止められない?
格安スマホ 消費者物価に反映へ、シェア拡大で無視できない状態に?
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
「103万円の壁」や「130万円の壁」の踊らされる……件
繰り上げ返済、有利にも不利にもなるから不思議

Menu

HOME

TOP