キャッシュでもカードでも、お得感が満載の形に

与党が良いとか野党が悪いとかそういうことではなく、良い政策だと思うものは、与党だろうが野党だろうが良いモノは良いと思う次第。

消費税を10%にすることが良いとは全く思わないものの、消費税をあげてしまうのは既定路線。
消費税云々を言ったところで、再度の延期はないと思うので、消費税増税ありきで考えてみれば、キャッシュレス支払いで2%還元だとか、商品券の交付はすごく良いと思う。

消費税をあげて一番怖いのは、消費の落ち込みだと思うので、この消費の落ち込みを軽減できる策は素晴らしいと思うのです。

2万円で買える「2万5千円分の商品券」案検討 (出処 読売新聞)

キャッシュレスでポイント付与だけでも良いかとは思いますが、クレジットカードやデビットカード、そして電子マネーを持っていなければ利用できないのですから、商品券があっても良いかと。

ポイント還元にしても商品券にしても、お金の量を増やしていないという事がデカい!
日本銀行が紙幣を刷っているわけではなく、地域限定とかモール限定の第2の通貨を作ってしまうだけですから、日本円に対してあんまり影響を及ぼさない。

そして、このポイントとか商品券は、「使わない人」が少なからず出てくるわけで、非常にラッキーなわけです。
もちろん、使ってもらっても損はなく、最終的に税金として回収ができる。

それにしても2万円で2万5千円分って……25%のプレミアムですから飛びつきたくなる心理を生みます。
これが2%とか5%では、売れないでしょうが、25%となれば偉い売上になるはず。
しかも、印刷代くらいしかもとではかからずでしょうから、結構な利益が見込めるんじゃないでしょうか?
購入者すべてが綺麗に使っても、お釣りが出ないのですから余計な買い物をしたり、ピッタリの使用だとしても、やっぱり税金で回収ができる。

それでも何処かに落とし穴はあるわけで、ヤッてみないとわからないところはあるのでしょうが、すごい手を打ってきたという印象。

もちろん消費者としての立場に立てば、魅力的な商品券ではあっても、使えるお店次第ということは忘れちゃならないんでしょうけどね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
老後資金に不安があるのならば、これに投資をしておきたい
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
政府が国民に無駄な浪費をさせる政策を打ち出せば、全てが丸く収まる!
差別はいけないけど、人間、みな平等じゃないよ
借金をした時点で、破産への1アウト!
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
そもそも保険はギャンブルです
住宅ローン、もう一度ここを考えて
デート費用は男性が持つ?それとも割り勘?
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
疑惑の加計学園の問題はココにあった!!
給付型奨学金が目指しているのは何処?
「106万円の壁」に挑戦!
購入?レンタル?

Menu

HOME

TOP