もうはまだなり、まだはもうなり

世間が騒げば天底をつけてくるのがマーケット。知らなくてもいいようなことを知ってしまい大騒ぎ。みんながそちらの方に向けば、ソッポを向くのがマーケットの常。そういえば、日経平均株価ってどうなんでしょうかね?

株価暴落だとか、リーマン・ショックなど比じゃないだとか、いろいろと言われておりますが、そんなこと誰にもわからないんですけどね(笑)。分かっているのならば手が打てるんですよ。手が打てないのだから、誰にも分かっていないということ。先のことなど誰にも分からないんです。

日経平均株価日足

 

 

 

 

 

日経平均株価日足です。Stockcharts.comからお借りしたチャート。このチャート見れば売られていますよね。このまま下がり続ければ、一体何処まで下がるの?って感じになりますが、売られている状態を売り叩かなくとも……と言う状況のよう。

日足ですから、もう少し時間軸を抽象的にした週足も眺めておかないと、木を見て森を見ずということになりかねない。ですから週足も眺めておきましょう。

 

日経平均週足

やはり売られ過ぎの状態のようです。と、言うのは語弊があるかもしれません。売られ過ぎの指標が出ていると言う方が適切なようです。
騒ぎ出したときには、売られ過ぎになっていることが多いんですよね?これは仕方のない事で、売られ過ぎの状態近くなっていないと、誰も見向きもしませんから。上昇しているときには強気になって下値リスクを警戒せずに青空天井のように騒ぎ、下落しているときにはこの世の終わりと言うような悲観の仕方(笑)。だから相場は成り立っているし、天底をつけてくるのでしょうが、下がったモノは上がるし、上がったモノは下がります。それが相場でありマーケット。

相場の格言にこんな言葉があります。「もうはまだなり、まだはもうなり」
もういいだろうなどと思っているときはまだまだですし、まだまだと鼻息を荒くしているともう終わりってこと。潮の満ち引きではありませんが、流れを感じ取ってあげることが必要なのでしょう。そして、踊らされないということが大切なのでしょうね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
待機児童解消に役立たないですかね?
生まれたばかりの赤ん坊の借金が826万円って……
デメリットしか見えない東京五輪はやめちゃえば?
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
マイナス金利に救世主が現れる!?
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
医者に「ガンです」と言われる心の準備はありますか?
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
低所得者向け給付に、【お米】っていう選択肢はダメ?
公的年金、過去最高収益を出しているのですから、みんなで感謝しましょ!
NYダウは1回天井?
東京五輪は東京で開催する必要性があるの?
「103万円の壁」や「130万円の壁」の踊らされる……件
貯金ができないときに必要なモノとは?

Menu

HOME

TOP