もうはまだなり、まだはもうなり

世間が騒げば天底をつけてくるのがマーケット。知らなくてもいいようなことを知ってしまい大騒ぎ。みんながそちらの方に向けば、ソッポを向くのがマーケットの常。そういえば、日経平均株価ってどうなんでしょうかね?

株価暴落だとか、リーマン・ショックなど比じゃないだとか、いろいろと言われておりますが、そんなこと誰にもわからないんですけどね(笑)。分かっているのならば手が打てるんですよ。手が打てないのだから、誰にも分かっていないということ。先のことなど誰にも分からないんです。

日経平均株価日足

 

 

 

 

 

日経平均株価日足です。Stockcharts.comからお借りしたチャート。このチャート見れば売られていますよね。このまま下がり続ければ、一体何処まで下がるの?って感じになりますが、売られている状態を売り叩かなくとも……と言う状況のよう。

日足ですから、もう少し時間軸を抽象的にした週足も眺めておかないと、木を見て森を見ずということになりかねない。ですから週足も眺めておきましょう。

 

日経平均週足

やはり売られ過ぎの状態のようです。と、言うのは語弊があるかもしれません。売られ過ぎの指標が出ていると言う方が適切なようです。
騒ぎ出したときには、売られ過ぎになっていることが多いんですよね?これは仕方のない事で、売られ過ぎの状態近くなっていないと、誰も見向きもしませんから。上昇しているときには強気になって下値リスクを警戒せずに青空天井のように騒ぎ、下落しているときにはこの世の終わりと言うような悲観の仕方(笑)。だから相場は成り立っているし、天底をつけてくるのでしょうが、下がったモノは上がるし、上がったモノは下がります。それが相場でありマーケット。

相場の格言にこんな言葉があります。「もうはまだなり、まだはもうなり」
もういいだろうなどと思っているときはまだまだですし、まだまだと鼻息を荒くしているともう終わりってこと。潮の満ち引きではありませんが、流れを感じ取ってあげることが必要なのでしょう。そして、踊らされないということが大切なのでしょうね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

投票率は大きく伸びず、与党は2/3の議席を確保したけど、選挙資金規正法はどうなるの?
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
デメリットしか見えない東京五輪はやめちゃえば?
史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
例えば、保険を購入しない!
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
運用リスクの軽減に「72」を活用!
国の借金が1000兆円超えでも、貸しているのが国民で、国民の借金ではない!
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
すべての道は「東京五輪」へと続く!
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
住宅ローンでは、買ったあとのことを考えることが重要
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。

Menu

HOME

TOP