もうはまだなり、まだはもうなり

世間が騒げば天底をつけてくるのがマーケット。知らなくてもいいようなことを知ってしまい大騒ぎ。みんながそちらの方に向けば、ソッポを向くのがマーケットの常。そういえば、日経平均株価ってどうなんでしょうかね?

株価暴落だとか、リーマン・ショックなど比じゃないだとか、いろいろと言われておりますが、そんなこと誰にもわからないんですけどね(笑)。分かっているのならば手が打てるんですよ。手が打てないのだから、誰にも分かっていないということ。先のことなど誰にも分からないんです。

日経平均株価日足

 

 

 

 

 

日経平均株価日足です。Stockcharts.comからお借りしたチャート。このチャート見れば売られていますよね。このまま下がり続ければ、一体何処まで下がるの?って感じになりますが、売られている状態を売り叩かなくとも……と言う状況のよう。

日足ですから、もう少し時間軸を抽象的にした週足も眺めておかないと、木を見て森を見ずということになりかねない。ですから週足も眺めておきましょう。

 

日経平均週足

やはり売られ過ぎの状態のようです。と、言うのは語弊があるかもしれません。売られ過ぎの指標が出ていると言う方が適切なようです。
騒ぎ出したときには、売られ過ぎになっていることが多いんですよね?これは仕方のない事で、売られ過ぎの状態近くなっていないと、誰も見向きもしませんから。上昇しているときには強気になって下値リスクを警戒せずに青空天井のように騒ぎ、下落しているときにはこの世の終わりと言うような悲観の仕方(笑)。だから相場は成り立っているし、天底をつけてくるのでしょうが、下がったモノは上がるし、上がったモノは下がります。それが相場でありマーケット。

相場の格言にこんな言葉があります。「もうはまだなり、まだはもうなり」
もういいだろうなどと思っているときはまだまだですし、まだまだと鼻息を荒くしているともう終わりってこと。潮の満ち引きではありませんが、流れを感じ取ってあげることが必要なのでしょう。そして、踊らされないということが大切なのでしょうね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
サブリース詐欺!?甘い言葉の裏側には……
交通渋滞予想はどうやって決めているの?
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
東京五輪は【長いものには巻かれろ】と言うこと
「モノを売るっていうのは難しい」の件
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
noimage
リベラルはリベラルであってliberalではない
人情ってことから考えてみたい現実
ふるさと納税は政府の東京に対する宣戦布告だった!?
ミサイルを発射し続ける北朝鮮からスーパーノートまで考えても……
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
「おやっ?」と思わせるNYダウと日経平均株価

Menu

HOME

TOP