もうはまだなり、まだはもうなり

世間が騒げば天底をつけてくるのがマーケット。知らなくてもいいようなことを知ってしまい大騒ぎ。みんながそちらの方に向けば、ソッポを向くのがマーケットの常。そういえば、日経平均株価ってどうなんでしょうかね?

株価暴落だとか、リーマン・ショックなど比じゃないだとか、いろいろと言われておりますが、そんなこと誰にもわからないんですけどね(笑)。分かっているのならば手が打てるんですよ。手が打てないのだから、誰にも分かっていないということ。先のことなど誰にも分からないんです。

日経平均株価日足

 

 

 

 

 

日経平均株価日足です。Stockcharts.comからお借りしたチャート。このチャート見れば売られていますよね。このまま下がり続ければ、一体何処まで下がるの?って感じになりますが、売られている状態を売り叩かなくとも……と言う状況のよう。

日足ですから、もう少し時間軸を抽象的にした週足も眺めておかないと、木を見て森を見ずということになりかねない。ですから週足も眺めておきましょう。

 

日経平均週足

やはり売られ過ぎの状態のようです。と、言うのは語弊があるかもしれません。売られ過ぎの指標が出ていると言う方が適切なようです。
騒ぎ出したときには、売られ過ぎになっていることが多いんですよね?これは仕方のない事で、売られ過ぎの状態近くなっていないと、誰も見向きもしませんから。上昇しているときには強気になって下値リスクを警戒せずに青空天井のように騒ぎ、下落しているときにはこの世の終わりと言うような悲観の仕方(笑)。だから相場は成り立っているし、天底をつけてくるのでしょうが、下がったモノは上がるし、上がったモノは下がります。それが相場でありマーケット。

相場の格言にこんな言葉があります。「もうはまだなり、まだはもうなり」
もういいだろうなどと思っているときはまだまだですし、まだまだと鼻息を荒くしているともう終わりってこと。潮の満ち引きではありませんが、流れを感じ取ってあげることが必要なのでしょう。そして、踊らされないということが大切なのでしょうね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

催促相場なんて無視してみたら?
トランプ氏の米大統領が現実味を帯びてきた?
体育祭の練習中に怪我をした……そのときの保険
相続対策で空室物件が増える!?
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
正当化される目的がないと、ジャック・バウアーだってただの殺人鬼
国会の先生方、情けないアピールはやめて、政治家らしいことをそろそろ始めてみては?
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
ドル高円安・株式の上昇はいつまで続く?
節税と聞いて真っ先に思い浮かぶモノ
「近赤外線 ガン消滅」 マジで?
ピロリ菌の除菌成功!も……
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?

Menu

HOME

TOP