ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件

 

ふるさと納税のシステムは素晴らしいと思うのですが、ネーミングがどうしても好きになれないわけで、かと言ってどんなネーミングが良いのか分からないけど、少なくとも寄付じゃないと思うんですけどねぇ。

細かいことは別にして、システムは素晴らしいと思うわけで、変な優越感やお得感も味わえるのですから、考え出した人は天才だと思う。

10万円でも京都マラソン走りたい… ふるさと納税枠が初の満員

昨今はマラソンがブームのようですが、マラソンをしたいと全く思わない人間からしてみれば「あんなに苦しそうに走るのならば、走らなければいいのに……ドMかっ?」と、情けない思いが浮かんでしまいます。
が、ブームはブームのようでして、東京マラソンなどはものすごい倍率だそうで……

東京マラソン

東京マラソンはふるさと納税ではなく、寄付控除が受けられるということですから、10万円のチャリティー(寄付)と言っても、トータルで見れば10万円の支払いにはならないわけで、よ~く考えられているわけです。

それにしても、マラソンの参加権をふるさと納税にしてしまうなんて……最大98000円の控除が受けられるってことになれば、一般枠から漏れても参加したい方にとっては、魅力的な商品なんでしょうね。

 

 

こんなふるさと納税は?

 

で、思いついたんですが、サバイバルゲームってのも人気なようですから、自治体が施設を作り上げて、参加費用をふるさと納税で支払ってもらうとか?

コンサートのチケットで何十席かを自治体が買い取って、ふるさと納税枠に使う。プレミアムチケットなどにはたくさんの応募があるでしょうし、地方再生を謳い文句にすれば、地方でコンサートを開いてくれるかもしれないし。

プロ野球の球団があったり、サッカーの球団があったりすれば、そのチームのゲーム観戦と選手と触れ合う企画なんかが、ふるさと納税で得られるのならば、ガンガン集まるかもしれません。

 

普通に国に税金を納めるのならば、見える形で使ってもらいたいという人がお話を聞いていると多いようで、個人的にはどうでも良いマラソンの話からではありましたが、マラソンの話を絡めて有意義に税金を使ってもらいたいなぁと。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

年金受給資格が25年から10年に短縮!これは何の問題解決になっているの?
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
世の中は不公平が当たり前?
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
国民が求めているのは「将来の安定」だけ?
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
東日本大震災以来のインパクト
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
今の国会で利益をあげている人、損をしている人
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。
あなたは65,759円を支払っても、ライブでは観れずに開催するだけですが、東京五輪を開催したいですか?
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
人の命も金次第

Menu

HOME

TOP