これで過熱競争が止むのか?ふるさと納税

そりゃそうだって話ですけど、ようやくふるさと納税に歯止めがかかってきたようです。

ふるさと納税、返礼品は寄付金の3割まで 総務省通知へ

完全に趣旨から離れてしまっているのですから、遅かったくらいの要請。
それでもまだ要請の段階。強制力はないというのですから、モラルの問題というところに訴えるということなのでしょう。

しかし上限が3割になっても、返礼品目的でふるさと納税をした方が得なのですから、都市から地方へ税金が流れ出てしまうのでしょう。
もし、下がってしまったときには、地方にとっては減収となるため、死活問題になるかも知れず、要請の段階ならば無視する部分が出てきてしまうかも?
背に腹はかえられないですし、モラルだけでは生きちゃいけませんからね。

そもそも寄付をしちゃいないし、ふるさと限定でも無いわけですから、ネーミングがおかしな状態。寄付ならば普通の寄付控除でいいでしょうし、ふるさとを名乗るのならば、自分のゆかりのあるふるさと限定にしてもいいんじゃない?
都市部から地方へ資金を動かしたいんでしょうが変な話。

返礼品なんて無くてもいいと思うけど、それでは集まらないってのならば、返礼品金額は1割でも十分だと。気持ちのやり取りなのに、気持ちが入っていないのですからどうかと思ってしまう次第。

都市部は流出を防ぐ対策がどうしても必要だと思う。やはり、ふるさと納税をしなかった人たちに対して、その自治体内で使える商品券でも配るようなことでもしないと、この先も出っ放しになってしまうのでしょう。

ふるさと納税自体のシステムは非常に素晴らしいと思うのですが、扱う側のモラルによって大きな問題になってしまっている印象。
しかし、こうやってルールが作り上げられ、良いモノになって行くのでしょう。と、言うことを期待してやみません。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……
景気は可処分所得がモノを言う!?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
東京五輪で東京が終わる……
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
証人喚問や参考人招致が「頑張ってます!」というポーズにしか見えないのは何故?
書くことがないから、ブツブツと……
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう

Menu

HOME

TOP