お金に働いて貰う前に、逃げられないように。

 

「お金に働いてもらう」という言葉がありますが、どんなに頼んでもお金は聞く耳を持たない存在であり、こちらが切実に頼んで感情に訴えてみても、悲しいかな感情も持ち合わせていません。
お金がうまく働いてくれたならば、何も苦労なく過ごせるのでしょうが、なかなかそうも行きません。簡単なことではないから多くの方が試行錯誤を繰り返しているのでしょう。

ただ、テクニックに走ってしまったり、ラクをしようとして基本的なことを疎かにしてしまったりと、、人間が持ち合わせる悪い癖が出てしまうと、お金は思ったように働いてくれません。

まず「お金に働いてもらう」ことで大切なことは、働いてもらうだけの資金を用意できなければスタートラインに立てないということ。最低限の話となりますので、スタートラインに立つまでの努力はやってもらわないとならないわけで、スタートラインに立つまでがまた苦労を伴ってしまうのです。
自力で貯めようが、借りてこようがそれは自由。スタートラインに立つには、資金が用意できればいいだけで、出処が何処でも問題ないのです。
当たり前のことなのですが、これができなければお話しになりません。厳しいようですが資金がなければ運用などできないのです。

お金

そして、これは結構重要。お金は結構お金が集まるところを好むようです。お金持ちのところには、自然とお金が集まってくることを考えても、お金は淋しがり屋で仲間を欲しがっていることが分かります。
と、いうことは、賑やかなところで「お金に働いてもらう」ことが必要なのでしょう。閑散としたところでお金が淋しがってしまったときは、お金の動きも鈍くなり、働きが悪くなってしまうことも……
活気のある場所でお金には働いて貰わないとならないということです。

最終的にはセンスという部分もあるでしょうが、その道その道の専門家に相談することをオススメします。「蛇の道は蛇」と昔から言いますから、スタートラインに立つことができて、お金に働いてもらう場所を間違いさえしなければ、あとは専門家と一緒に頑張って行けば、失敗する確率が大幅に減ると思われます。

当たり前のことを当たり前のようにこなしていけるかどうか?適当に漠然と「お金に働いてもらう」ということをすると、「お金に逃げられてしまう」ということに繋がり易くなります。お金には逃げられずに元気に働いてもらうことが大切でしょう。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハロウィンって最悪!と日本中でなる前に
規則や規制を減らすには、ルールやマナーを重要視することからなのでは?
「嫁さんもパートに出て頑張ると言っていますから、たぶん平気だと思います」って言葉にご用心
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
豊洲市場にカジノを作る?
NHK、水戸では勝っちゃったよ……
貯蓄・ダイエットに成功する「術」はこれだけ!
なんとかとハサミは使いよう!ならば、賢く優しくなりませんか?
老後資金を心配する前に
貨幣(お金)とは一体なんぞや?
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
憲法改正は国会で決まるの?
幼稚園で教えてもらえなかった常識!?有料駐輪場に自転車を置いても撤去される時代。
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?

Menu

HOME

TOP