お得感を求めて損をする

私の嫁が意気揚々と買い物から帰ってくるなり話しかけてきました。
「スーパーに行ったら、アイスが3個で250円で売ってたから、9個買ってきちゃった!凄いお得よね!」

息子がスマホを眺めながらブツブツと言っていました。
「あと300円で送料が無料になる。う~ん、これも買っておくか……」

娘が大きな紙袋を抱えて帰ってきて、ニコニコしていました。
「服が全品3割引きだったの。持って行ったお金で欲しい服を全部買っちゃった!ものすごいお得!!」

私は何故かすべての対応にため息のみ。言いたいことを言ってしまえば、家庭内村八分にあってしまうので、グッと我慢(笑)

何を言いたかったのか?ですが、まず嫁には「4人家族で9個も買ってどうすんの?冷凍庫に保存スペースが余っている?1個だけ単品で普通に買えば良いでしょうに……。250円と120円を足しても370円なのに、9個も買えば750円だよ。間違いなく損しているよ」

そして息子に言いたかったのは「その最後に買おうとしているやつって、本当に必要なの?使わないで放置しちゃうんじゃない?家の中の場所を物置として使うだけでも、それは経費がかかっているってことなんだよ。送料がいくら掛かるか知らないけど、ゴミとして出して料金を余計に取られるようなモノじゃないの?普通に送料を支払ったほうが、総支払額は抑えられるんじゃない?」

娘には「そんなに服を買って、全部着るの?身体は1つしかないんだよ。3割引きでお得だったかもしれないけど、本当に欲しいモノだけを購入すれば、財布がカラになるなんてことはないでしょうに……本当に欲しいものだけを3割引きで購入すればお得だけど、余計に買ってしまって支出額を多くしちゃうなんて、君は間違いなく嫁の娘だよ……」

別に買いたいものを買うのは良いのですが、「お得感」という言葉に弱い家系のようで、お得感を求めて出費を拡大させ余計なものまで購入してしまう、なんとも不思議な家系であって家計。

満足をしているのならば幸福感があるので良いのでしょうが、結局のところお得感を求めて実質的に損をしているって……我が家に貯金がないのも頷ける(笑)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
投資した 気付かぬ内に 凍死した
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
常識だとか普通だとかで幸せになれますか?
年金受給資格が25年から10年に短縮!これは何の問題解決になっているの?
喉元過ぎれば……というのが、人のようですから
「はっ!」とした瞬間が、貯蓄のチャンス!活かすも殺すもアナタ次第!!
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
中古物件じゃダメなのでしょうか?
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
老後資金に不安があるのならば、これに投資をしておきたい
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……

Menu

HOME

TOP