「YouTuberになりたい!」って、考えてみれば……

「YouTuberになりたい!」というのは、博多華丸・大吉のネタだけかと思っていたら、本当に今の子どもたちは、YouTuberになりたいんですね。

日本初、小学生向け「YouTuber」養成講座 「習い事」の新定番になるかも?

YouTuberになりたいのも、アイドルになりたいのも、考えてみれば似たようなもの。
パイロットになりたいのも、プロ野球選手になりたいのも、「なりたいもの」括りで考えれば、大差はないのでしょう。

アイドルになりたいと言っても、全員が全員なれるわけではなく、パイロットになるには試験が必要だし、プロ野球選手になるのだって大変な話。
プロ野球選手になるのなんて、東大に合格するよりも確率は低いでしょうからね。

YouTuberになるのは簡単。動画を撮ってYouTubeにアップロードするだけ。
非常に簡単ですが、プロとして喰っていけるかどうかは別。
プロ野球選手になるのは非常に難しくとも、野球選手になるのは簡単。
これと一緒で、YouTuberになるのは簡単でも、飯を喰っていけるかどうかは疑問。

ただ、良いとか悪いとかは別として、野球はみんなが出来る。本もいっぱい出ているし、指導者がたくさんいる。というより、教えたくて仕方のない人が非常に多い(笑)

しかし、YouTubeにアップロードしたり、その前に編集したり、その前の撮影となると、やったことがない人がほとんど。普通に動画を撮影してアップロードするだけならば、スマホがあってYouTubeにアカウントを持っていれば多分出来る。
しかし、見やすくしたり、好感を持ってもらったり、共感してもらうには、それなりのテクニックが必要。

野球で言うなれば、三角ベースは誰でも出来るが、少年野球となると、ルールを覚えなければならないし、高校野球になってしまうと、レベルが一気に上昇してしまうのと同じこと。

少年野球レベルのYouTuberを養成するような話のようですが、やりたいものを教えてもらえる場所がなかったのですから、こういうサービスが出てきても良いのかも?

にしても、時代なんでしょうね……。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

根本的なルールの見直しがないと、ふるさと納税は消滅しちゃうんじゃないの?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
築地市場移転問題は豊洲市場の土壌汚染が問題ではなかった!?
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
豊洲市場移設は東京五輪ありきで片付けられてしまうのか?
書くことがないから、ブツブツと……
見返りを求めない投資は存在しない
白タクの便利なところを頂戴しちゃいなよ!
「近赤外線 ガン消滅」 マジで?
同じことをやっても、結果は違ってくる件
25年という経験則からのお話し
今はなくても困らないけど、今後は必須になるかもしれないデビットカード
キングコング西野作『えんとつ町のプペル』は作品としてホロッときます。
何故に流行らない?時代は【デビットカード】

Menu

HOME

TOP