「106万円の壁」に挑戦!

 

10月から「103万円の壁」と「130万円の壁」に加え、「106万円の壁」という新しい壁がパートさんなどに生まれます。あなたは対策は済んでいますでしょうか?
「106万円の壁」の条件に当てはまる方々は……

・ 週20時間以上働くこと。
・ 給料が月8万8000円以上であること。
・ 501人以上の企業に勤めていること。
・ 1年以上働くことが見込まれること。
(学生を除く)

 

「103万円の壁」を突破すれば、配偶者控除が受けられなくなり、「130万円の壁」を突破すると、自分で社会保険を納めるという状態となり、世帯主の税金は上がるし、配偶者の納める社会保険等が増え、世帯の手取り年収が減ってしまうということで、ものすごく警戒されていた数字だったのですが、今後は「106万円の壁」が……

「106万円の壁」が見えてしまうパートさんなどは、全国で約25万人になると言われています。この方々はどんな対策を講じればよいのでしょう?

160万円超えを稼げ!

と、言うことになりそうです。なにやら、「106万円の壁」にぶつかると、160万円超えの状態にならないと、世帯手取り年収が増えないと言われているようです。
ならば、160万円超えを稼ぎ出せなければ意味が無いということになってしまいます。

しかし、時間的な制約があり、160万円超えは無理だという方もいらっしゃると思います。それはそれで仕方がないと諦めるか?「106万円の壁」を超えない努力をしないとならないのでしょう。

社会保険

ただ、「106万円の壁」を突破しないほうが有利だとか不利だとかは、個別に計算したほうが良いと思われます。あなたが多数派に含まれるパターンならばよいのですが、人それぞれの思考が違うように、生活レベルだって稼ぎ方だって違うわけですから、一概に有利・不利は言えませんので。あくまでもすべて「◯◯と言われている」といったレベルです。自分レベルにまで落とし込んで検証する必要があります。

壁などは破るために存在するのであり、超えられるのに超えないのは、自分にとっても社会にとっても損失。「106万円の壁」を突破しなければ「160万円超え」はできないわけであり、世帯年収の頭打ちを意味してしまいます。

ダイエットだって、体重が減らない期間がありますでしょ?その減らない期間を抜ければ次のステージに進めるわけですが、ダイエットに失敗してしまう方々は、ここでつまづく方が多い模様。
この体重の減らない期間が106万円から160万円の稼ぎの期間に当てはまるのでは?

103万円で押さえようとも、106万円で押さえようとも、130万円で押さえようとも、ハッキリ申しまして、好きにすれば良いのです。自分の人生なのですから、どういう考えでライフプランを考えても自由です。
個人的な見解を申し上げれば、「160万円以上稼ぎましょ!」となります。
ですが、あなたが良いと思ったことは、あなたにとってすべて正解なのですから、好きなようにすればいい。ですが、「◯◯と言われている」というような部分のことを信じて行動すると、損をしてしまうこともあります。
単純に厚生年金に加入するわけですから、将来貰えるであろう年金は確実に増えますし、「106万円の壁」だって、自営業者の配偶者とサラリーマンの配偶者とでは違うわけですから。

お問合わせはこちらで承っております。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
貯蓄は家計簿も節約も要らない!必要なのはコレ!!
低所得者向け給付に、【お米】っていう選択肢はダメ?
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
同じことをやっても、結果は違ってくる件
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
トランプ氏=ジャイアン?なのか???
住宅ローンは「売っぱらえばなんとかなる」という状態で!
守る100万円と攻める100万円
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
貨幣(お金)とは一体なんぞや?
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
トランプ米大統領の話は、反トランプ側から出ている!?

Menu

HOME

TOP