「神の見えざる手」には逆らえない!?と言うことを理解したい

上がったモノは下がるし、下がったモノは上がる。
買われたモノは売られるし、売られたモノは買われる。
何の話かと言えば、相場の話。

上がり(買われ)っ放しの相場もなければ、下がり(売られ)っ放しの相場もないってこと。
行き過ぎは何処かで咎められて、歪んだ形は修正されるもの。
その修正が何処で出てくるのか?
それは「神のみぞ知る」ということ。

NYダウ日足。
高値を出してから数日後には6日移動平均線割れ。
6日移動平均線割れだけで売り相場だとは言えないのでしょうが、RSIの数値は買われ過ぎを示唆。
この状態で買うことは難しい。

そして、日柄を掛けて戻りを入れてきたものの、高値の更新ができずに推移。
上昇相場というのは、基本的に上値の切り上げを見せてくることが必要。
下降相場というのは、下値の切り下げが基本であり、今回は上値の切り上げができずに、下値を出してきた格好。

下値を出してきたということがどういうことを意味するのか?
普通に考えれば、下降トレンドへ突入。

 

今回はNYダウが崩れているだけではなく、日経平均も非常に怪しい形に。
そして、ドル円相場もだいぶ形に変化が起きてきた模様。

誰が何をしようと、上昇するモノは上昇し、下落するモノは下落するということ。
神の見えざる手には逆らえないということ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
トランプ氏が勝利して、ドル高円安になるって誰か予想できましたか?
サブリース詐欺!?甘い言葉の裏側には……
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
酉年のオープニング相場は?
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
NYダウは1回天井?
米大統領選挙と日経平均株価の動向
日経平均株価を分析してみた
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
ドル円は何処まで?目標値を検証
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!

Menu

HOME

TOP