「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?

ご存知でしたか?「時差Biz
私は初めて聞きました(笑)

そもそも「時差Biz」とは

時差Bizとは、通勤ラッシュ回避のために
通勤時間をずらす働き方改革のひとつです。

 

と言うことのようです。

朝の通勤ラッシュは鬼のように恐ろしい状況になり、まさに地獄絵図と言っても過言ではない!

小学生のとき電車を使って通学していたのですが、あのときは今よりも悲惨。
クーラーが全車両装備されていなかった時代でしたから、シャレにならない暑さ。
あるとき、折り畳み傘を手に持っていたのですが、満員電車にもまれ手から離れてしまったのです。
「あ~あ、お母さんに怒られちゃうなぁ~」と思いながらやる過ごしていたのですが、全く身動きが取れない状態でしたから、探すこともできない。
人が多く乗り降りするときに、自分の立ち位置を確りと確保するのが通例の満員電車。
そのときも扉が開いた瞬間に、手から離れたところに手を伸ばすと、手の中に折り畳み傘が戻ってきた(笑)
ボクの手から離れた折り畳み傘もじっとしており、人の流れでようやく身動きが取れたのでしょう。
嘘ではない本当の話。文章表現力が乏しく、上手く伝わらないところがあるかもしれませんが、それほど混雑しているということ。

なんだかんだと色々ございまして、ここ10年程度は通勤ラッシュというものに遭遇していませんが、通勤ラッシュだけで体力を消耗し仕事ではないという方も多いハズ。
少しでも改善されたら良いですよね。

サマータイムの導入とか、時差出勤導入、フレックスタイム制の導入などいろいろとあると思いますが、最近っぽいなぁというのは、テレワーク制。
テレワーク制とは……

情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方。

 

と、言うことなので、多くの方が活用できるかと思います。

が、しかし、ここで問題なのが、何処まで自分に厳しく仕事ができるか?と言う問題。場所や環境を変えることによって、スイッチが入ったりオフになったりする部分があるでしょうから、これを上手くコントロール出来ないと生産性が落ちてしまう。
慣れれば簡単なことですし、通勤時間がなくなれば、その分だけ自分の時間に当てられる。非常にありがたい制度だと思っておりますけどね。

手っ取り早いのは、早く出勤することでしょうし、時差Bizと言われなくても実行している方々は多いと思います。

なんだかんだと言っても、とにかくやってみることが大切。
ダメならば改善すれば良いのであって、やってみることによって問題点も出てくるでしょうしね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
低所得者向け給付に、【お米】っていう選択肢はダメ?
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
国会の先生方、情けないアピールはやめて、政治家らしいことをそろそろ始めてみては?
待機児童解消に役立たないですかね?
ドル高円安の流れはいつまで続く?
宅配業者は値上げだけで、問題の改善ができるのか?
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
投資した 気付かぬ内に 凍死した
「残業時間を規制しても問題は解決しない」であろういくつかの理由
リスク回避の一つの方法は?
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!
火種はトランプ発言だけではない!英国だってこの先わからない……
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?

Menu

HOME

TOP