「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

舛添都知事が辞表を提出し21日付で辞職の模様。
言われているように初動を間違わなければ、辞職までせずに済んだのかもしれませんが、結局「違法ではないが一部不適切」なる迷言を作り出し辞職でちゃんちゃん。

個人的に好きとか嫌いとか、許せるとか許せないとかではなく、舛添都知事は世間の感情論で辞職をさせられたということ。
「法律で罰せられないのならば、辞職に追い込め!」みたいな感情論だけ。
シロかクロかと言われたらシロ。
グレーなる表現を使う方もいるかもしれませんが、クロでなければシロ以外ないと思っています。
シロで辞職……正直、怖い世の中だと思う。

選挙

ただ、舛添さんが辞職に追い込まれたのは「政治資金規正法」
領収書があれば、「公私混同もシロです」と改めて強調されたわけです。

2016年夏、18歳がはじめて選挙に参加する参議院選挙。
選挙の争点は「憲法改正」などと言われていますが、舛添さんは「政治資金規正法」のある意味生け贄となったわけで、この「政治資金規正法」の改正がなければ、同じことを繰り返すだけでは?

参議院選挙の争点は「憲法改正」ではなく「政治資金規正法改正」となりませんかね?
憲法改正よりも国民はこっちに関心があるんじゃないのかな?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

通信費は真剣に考える事案となりつつある
消費増税と子育て支援(少子化問題)は何故セットなの?
憲法改正は国会で決まるの?
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
豊洲市場にカジノを作る?
値引額?値引率?あなたはどちらでお得感を感じる?
東京五輪不況がこないことを願うばかり……
都民ファーストの会が圧勝?何かが変わった?
先々を見ようとするから難しい
これだけの効果が考えられるのだから、ポケモンGOを国策として推奨しよう!(笑)
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!

Menu

HOME

TOP