「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

舛添都知事が辞表を提出し21日付で辞職の模様。
言われているように初動を間違わなければ、辞職までせずに済んだのかもしれませんが、結局「違法ではないが一部不適切」なる迷言を作り出し辞職でちゃんちゃん。

個人的に好きとか嫌いとか、許せるとか許せないとかではなく、舛添都知事は世間の感情論で辞職をさせられたということ。
「法律で罰せられないのならば、辞職に追い込め!」みたいな感情論だけ。
シロかクロかと言われたらシロ。
グレーなる表現を使う方もいるかもしれませんが、クロでなければシロ以外ないと思っています。
シロで辞職……正直、怖い世の中だと思う。

選挙

ただ、舛添さんが辞職に追い込まれたのは「政治資金規正法」
領収書があれば、「公私混同もシロです」と改めて強調されたわけです。

2016年夏、18歳がはじめて選挙に参加する参議院選挙。
選挙の争点は「憲法改正」などと言われていますが、舛添さんは「政治資金規正法」のある意味生け贄となったわけで、この「政治資金規正法」の改正がなければ、同じことを繰り返すだけでは?

参議院選挙の争点は「憲法改正」ではなく「政治資金規正法改正」となりませんかね?
憲法改正よりも国民はこっちに関心があるんじゃないのかな?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

糖質制限はダイエットだけではない!ガンも治る!?
東京五輪は【長いものには巻かれろ】と言うこと
国立競技場は、観点がズレてない?
アベノミクスなどどうでもいい!?
人情ってことから考えてみたい現実
警察や検察から漏れ伝わる情報は何故なの?
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
お坊さんが喰えない時代になっても……忘れたくないモノ
「モノを売るっていうのは難しい」の件
人が動いて無料ってモノはないんじゃない?
豊洲市場へ都庁を移してみる?
そもそもマイナス金利よりも前の段階が問題じゃない?
メインにはなれない、セカンドオピニオン
豊洲市場の地下水汚染、急激に悪化!また、癒着?それとも改ざん?

Menu

HOME

TOP