「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

舛添都知事が辞表を提出し21日付で辞職の模様。
言われているように初動を間違わなければ、辞職までせずに済んだのかもしれませんが、結局「違法ではないが一部不適切」なる迷言を作り出し辞職でちゃんちゃん。

個人的に好きとか嫌いとか、許せるとか許せないとかではなく、舛添都知事は世間の感情論で辞職をさせられたということ。
「法律で罰せられないのならば、辞職に追い込め!」みたいな感情論だけ。
シロかクロかと言われたらシロ。
グレーなる表現を使う方もいるかもしれませんが、クロでなければシロ以外ないと思っています。
シロで辞職……正直、怖い世の中だと思う。

選挙

ただ、舛添さんが辞職に追い込まれたのは「政治資金規正法」
領収書があれば、「公私混同もシロです」と改めて強調されたわけです。

2016年夏、18歳がはじめて選挙に参加する参議院選挙。
選挙の争点は「憲法改正」などと言われていますが、舛添さんは「政治資金規正法」のある意味生け贄となったわけで、この「政治資金規正法」の改正がなければ、同じことを繰り返すだけでは?

参議院選挙の争点は「憲法改正」ではなく「政治資金規正法改正」となりませんかね?
憲法改正よりも国民はこっちに関心があるんじゃないのかな?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

小池都知事vs石原元都知事 非合理的であっても、トコトンやりあうべき理由
小市民として、ATM手数料を払わないわずかながらの抵抗!
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
人生いろいろ、十人十色
これで過熱競争が止むのか?ふるさと納税
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
正しい住宅ローンの借り方
何故、路面店に免税店があるの?
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
トランプ米大統領の話は、反トランプ側から出ている!?
東京五輪は競技の殆どを地方に持って行けば、すべてが丸く収まるのでは?という件
史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
バイトに「ノルマ罰金」は、経営判断ミスから生じているだけでは?
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件

Menu

HOME

TOP