「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

舛添都知事が辞表を提出し21日付で辞職の模様。
言われているように初動を間違わなければ、辞職までせずに済んだのかもしれませんが、結局「違法ではないが一部不適切」なる迷言を作り出し辞職でちゃんちゃん。

個人的に好きとか嫌いとか、許せるとか許せないとかではなく、舛添都知事は世間の感情論で辞職をさせられたということ。
「法律で罰せられないのならば、辞職に追い込め!」みたいな感情論だけ。
シロかクロかと言われたらシロ。
グレーなる表現を使う方もいるかもしれませんが、クロでなければシロ以外ないと思っています。
シロで辞職……正直、怖い世の中だと思う。

選挙

ただ、舛添さんが辞職に追い込まれたのは「政治資金規正法」
領収書があれば、「公私混同もシロです」と改めて強調されたわけです。

2016年夏、18歳がはじめて選挙に参加する参議院選挙。
選挙の争点は「憲法改正」などと言われていますが、舛添さんは「政治資金規正法」のある意味生け贄となったわけで、この「政治資金規正法」の改正がなければ、同じことを繰り返すだけでは?

参議院選挙の争点は「憲法改正」ではなく「政治資金規正法改正」となりませんかね?
憲法改正よりも国民はこっちに関心があるんじゃないのかな?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

運用リスクの軽減に「72」を活用!
「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?
ノーベル賞ではない経済学賞
お騒がせトランプ米大統領発言、読み手の読解力にも問題が……
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
トランプ米大統領の話は、反トランプ側から出ている!?
豊洲市場が安全かどうかが第一でしょ?犯人探しはその次に……
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
「過払い金」の次は、「労務問題」で食いつなぐ!?思いやりのない、淋しい世の中です
保険が必要かどうかを考える前に考えておきたいこと
現役出向という抜け道があったとは……世の中って広い!(笑)
マイナス金利の活用方法!
失言も 暴言も己に 跳ね返る
人生いろいろ、十人十色
知らない犬に吠えられます……だから思うこと。

Menu

HOME

TOP